青森県八戸市 館鼻公園と中野優子の墓

館鼻八戸港から出航する廻船漁船の為に、
天候や風向、潮の様子をみる場所で、
八戸藩川口奉行所近くの浜に隣接した丘陵でした。

安政元年には海岸防備の為に台場が造営され、
大砲が設置されていたそうです。


館鼻公園」。
現在は館鼻公園として整備されており、
展望タワー体験学習館、遊具や遊歩道が設置され、
市民の憩いの場として利用されています。
碑や銅像もあるのですが、
どれも幕末維新には関係ありませんでした。
残念ながら館鼻台場の遺構は皆無。


館鼻公園から望む八戸港。
青森県最大規模の港湾で、
宮城県の塩釜港の次ぐ国際貿易港であると共に、
水揚量、水揚額共に全国屈指の八戸漁港を有します。

この館鼻公園内に御前神社神葬祭墓地があり、
元斗南藩士蒲生誠一郎と妻の優子の墓があります。

蒲生家之墓」。
元斗南藩士蒲生誠一郎と妻の優子の墓。
蒲生誠一郎の旧名は山浦鉄四郎で元会津藩士でしたが、
若松城籠城1日目で負傷してしまい、
主に城内で守備を担当しました。
池田屋事件後に会津藩が新選組に派遣した藩士の一人で、
八番隊組長藤堂平助と親しかったという。
会津藩が斗南に転封となった際に蒲生誠一郎と改名し、
中野優子と結婚。
廃藩置県後は八戸で海産商や駄菓子屋を営み、
明治10年頃に函館に移住し、明治12年に死去しています。

中野(蒲生)優子は中野平内忠順の娘で、
会津戦争娘子隊として壮絶な戦死を遂げた中野竹子の妹。
姉と共に評判の美人であったという。
母の孝子や竹子が娘子隊を結成した際、
最年少で美人の優子が敵に捕まり辱めを受ける事を不憫に思い、
寝ている優子を殺そうとしますが、
娘子隊の一員である依田菊子が止めに入り、
一緒に戦って死のうということになったとされます。
涙橋の戦いで竹子が戦死すると、
優子は竹子の首を討って白羽二重に包んで回収したとされ、
その後、孝子や他の娘子隊と共に若松城に入場しました。
会津藩の斗南転封の際に同藩士蒲生誠一郎と結婚。
廃藩置県後は八戸で夫と共に海産商や駄菓子屋を営み、
明治10年頃に函館に移住しています。
夫の死後は女手ひとつで残された3人の子を育て、
昭和6年に79歳で函館で死去しました。

函館で死去した蒲生夫婦の墓が八戸にあるのは、
墓碑に2人の名が刻まれている事から、
おそらく縁のある人物が引き取って、
ここに2人の墓を建立したものと推測されます。

■関連記事■
青森県むつ市 斗南藩史跡①//
 会津松平家は斗南に転封。極寒の地で藩経営は困難を極めたという。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。