愛媛県松山市 道後温泉

伊予松山城より1.5km程度西にある道後温泉
日本三大古湯のひとつとされ、
万葉集にもその記載が見られます。
聖徳太子も道後温泉に浸かったとされ、
天智天皇天武天皇など歴代天皇も行幸。
中世には伊予国守護河野通盛湯築城を築城し、
江戸時代には伊予松山藩が温泉を経営しました。

初代伊予松山藩主松平定行は温泉施設の充実に着手し、
浴槽を士族用、僧侶用、婦人用、庶民男子用に分け、
他に十五銭湯十銭湯養生湯馬湯を設けたという。


道後温泉本館」。
道後温泉の中心にある温泉共同浴場。
国指定重要文化財で道後温泉を象徴する建築物です。
現在は保存修理工事中で、
建物は工事用の素屋根で覆われていました。
明治27年に竣工したもので、
幕末期にはこの道後温泉本館はまだありません。
夏目漱石正岡子規らと頻繁に通ったそうで、
小説「坊ちゃん」でもこの本館が登場します。
是非とも入りたかったのですが、今回は玄関の撮影のみ。


早朝より下関を出発して、昼から松山城に登城。
旅館にチェックインした後は疲労で体が動かない。
それでもせっかく来たのだからと、
本館は見には行きましたがそれほど散策せずに、
周辺を少しうろついて旅館に帰り、
家族で爆睡してしまいました。

慶應元年4月。下関開港論を唱えた為、
攘夷派に狙われた高杉晋作おうのを連れて亡命。
西宮大坂を経て四国入りし、
丸亀から松山に入って道後温泉に滞在しており、
7日間滞在した後に琴平の侠客日柳燕石を頼っていますが、
道後温泉ではどこに泊ったのかはよくわかっていません。

■関連記事■
愛媛県松山市 伊予松山城①//
 道後温泉を支配した伊予松山藩の藩庁跡。
長門市 俵山温泉
 赤間関街道の温泉宿場。長州志士らも入った事でしょう。
長野県諏訪市 高島城
 高島藩は城下に温泉を引いていたという。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。