愛媛県松山市 伊予松山城②

つづき。
/②/

二之丸史跡庭園を出てロープウェイ乗場へ。

加藤嘉明公」像。
ロープウェイ乗場の脇にある加藤嘉明の銅像。
嘉明は賤ヶ岳七本槍のひとりとして、
加藤清正福島正則に次ぐ出世を遂げています。
徳川の世となっても幕府の信頼厚く、
最終的に43万石を加増されるに至りました。
残念ながら次代の加藤明成会津騒動を起こし、
領地を返上して加藤家は改易。
加藤家は断絶しますが、幕府は嘉明の忠節を考慮し、
孫の加藤明友に加藤家を継がせて再興させ、
加藤家は小大名として続いています。


ロープウェイで本丸跡へ。
子供にとって面白味の無い史跡訪問で、
こういうアクセントがあると喜んでくれます。


ロープウェイで山頂まで登る。
石垣に沿って進み、太鼓櫓やその先の天守が見えると、
次第にテンションも上がってきます。


戸無門」。
太鼓櫓の下をUターンして戸無門へ。
読んで字のごとく戸の無い門で、
慶長年間の創建当初より戸が無かったという。


筒井門」と「隠門」。
筒井門は戸無門を過ぎると現れる櫓門で、
写真右側には隠門という隠れ気味の門があります。
これは敵が筒井門を攻めた際、
背後より急襲できるようになっていました。


太鼓門」。
本丸への最後の櫓門。
太鼓櫓と巽櫓を配した強固な門となっており、
本丸への最終防衛線となっています。


本丸跡」。
太鼓門を抜けて本丸跡へ。
天守のある本壇の前には広場となっており、
元々は2つの峰だったものを、
埋め立てて繋いて本丸としたようです。


太鼓櫓」。
南西側の櫓。
松山大空襲の際に焼失してしまい、
昭和48年に再建されたもの。


巽櫓」。
南東側の櫓。
こちらも松山大空襲の際に焼失したもので、
太鼓櫓、太鼓門と共に再建されました。

さて、いよいよ天守へ。

本壇(天守)」。
本壇と呼ばれる天守曲輪に連立する櫓郡。
現存天守の中で最も新しく、安政元年に再建されたもの。
とはいえ大天守以外は放火で焼失しており、
昭和43年に再建されています。

松山城を焼いた放火事件は、
西日本13府県連続放火事件と呼ばれた連続放火事件で、
犯人は4年間で45件の放火を犯しており、
各地の寺院や学校などの大きな建物に放火してまわり、
宇和島で逮捕されて死刑となったとのこと。
前科7犯で娑婆刑務所を行き来する人生であったという。
大天守だけでも残った事は幸いでしたね。

つづく。
/②/

■関連記事■
愛媛県松山市 大林寺(久松松平家墓所)
 伊予松山藩久松松平家の合葬墓。
岡山県高梁市 備中松山城①/
 備中国にあった同名の城。同じく現存天守が残っています。
三重県桑名市 桑名城跡
 同族の桑名藩久松松平家の居城跡。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。