愛媛県松山市 伊予松山城③

つづき。
//③

別料金を支払って本壇へ。
コロナ対策の為に体温測定と手の消毒、
連絡先の記入をしなければなりません。
実は二之丸史跡庭園ロープウェイ乗場も同様で、
松山城で3回も同じ事をしました。
めんどくさいけど対策は多い方が良いのでしょうね。

一ノ門」。
本壇は非常に複雑な構造をしており、
天守に行くには4つの門をくぐらなけれはなりません。
本壇自体がまるで小さな城のようになっています。


二ノ門」。
一ノ門を越えるて石段を左に折れると二ノ門


三ノ門」。
二ノ門を越えて大きく左に迂回すると三ノ門


筋鉄門」。
三ノ門の先には最後の門である筋鉄門があり、
これを抜けると天守広場となります。


天守入口」。
石垣をくりぬかれた入口。
本来の入口ではありませんが、
現在はここで靴を脱いで建物内に入ります。


内部は他の天守とそれほど変わりはありませんが、
みよちゃんと2人で内部を探検。
急な階段が面白かったようです。


大天守から本丸跡を望む。
松山市街が一望できます。

本壇を出て搦手側へ。

伯爵久松定謨頌徳碑」。
久松家当主久松定謨の頌徳
松山藩知事久松(松平)定昭は明治5年に死去し、
定昭の遺言によって久松家を継いでいます。
陸軍に入って歩兵第1旅団長歩兵第5旅団長を歴任。
最終階級は陸軍中将でした。


艮門東続櫓」。
艮門は本壇の鬼門方向にあり、不浄門とも呼ばれます。
東の防備を担い、大手や搦手からの敵の側面を襲うため、
城兵の出撃口としての役割も持っていたとされます。
昭和59年に再建。


野原櫓」。
野原櫓乾櫓と共に本丸西北を防備し、
日本で唯一現存する望楼型二重櫓で、
天守の原型とされています。国指定重要文化財。


乾櫓」と「乾櫓門」。
本丸搦手口で、本丸西北の防備を担当。
乾櫓は現存遺構で国の重用文化財。
乾櫓門は昭和57年に再建されたもの。

安政3年に13代藩主となった松平勝成は、
幕命によって神奈川警備にあたっています。
安政6年に江戸城本丸が焼失した際は1万両を上納。
一方で領内では安政南海地震によって被災し、
藩は度重なる出費で財政難に陥りました。
文久年間には将軍上洛に従い京都警備を勤め、
禁門の変では御所南門、三条通紙屋川辺警備を担当。
長州藩兵の掃討も行っています。

第二次長州征伐の際には大島口を担当し、
藩兵を周防大島に上陸させますが、
第二奇兵隊等の長州勢の反撃を受けて撤退。
幕長戦争が長州藩の勝利で幕を閉じると、
松山藩は長州藩に郡奉行奥平三左衛門らを派遣し、
大島での軍事行動を謝罪して捕虜の交換を行い、
翌年にも中老格の津田十郎兵衛らが長州に赴き、
出征について重ねて遺憾の意を伝えています。

慶応3年に勝成が隠居して松平定昭が藩主となると、
幕府は定昭を最年少の老中に任じますが、
その僅か1ヶ月後に徳川慶喜大政奉還をした為、
老中を辞任しています。
鳥羽伏見の戦いでは、摂津国梅田村の警備を担当。
戦闘には参加していませんが慶喜の逃亡を知った後、
藩兵を率いて領内に戻りました。

新政府は定昭を朝敵として追討令を発した為、
定昭は謹慎して恭順の意を示し、
松山城は土佐藩によって接収されますが、
15万両の献上と定昭の蟄居等を条件に許され、
藩主は勝成が再就任し、姓を松平から久松に戻しています。

伊予松山藩は親藩で佐幕的であったようですが、
立地的に大洲藩宇和島藩、土佐藩、長州藩等、
勤皇諸藩に囲まれており恭順以外に道は無かったでしょう。
藩内にも抗戦派が多くこれを抑える為に、
恭順を主導した三上是庵が奔走。
新政府側でも松山藩の真意をさぐっており、
商人等に変装した間者を潜り込ませていた他、
長州藩の杉孫七郎が藩主父子謹慎の実情を調査。
なんら不穏な状況は見つからず、
杉の報告によって松山藩の誠意が認められています。

//③

伊予松山藩
藩庁:伊予松山城
藩主家:定勝系久松松平宗家
分類:15万石、親藩大名

■関連記事■
愛媛県松山市 大林寺(久松松平家墓所)
 伊予松山藩久松松平家の合葬墓。
岡山県高梁市 備中松山城①/
 備中国にあった同名の城。同じく現存天守が残っています。
三重県桑名市 桑名城跡
 同族の桑名藩久松松平家の居城跡。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。