長野県諏訪市 高島城

長野県中部の諏訪盆地に位置する諏訪湖では、
かつては冬に全面凍結し、その凍結した湖面に、
大音響とともに亀裂が走ってせりあがる現象が発生します。
これを「御神渡り」と呼び、
亀裂の入り方などを記録した御渡帳と照らして、
その年の天候農作物の出来
世相などを予想する「拝観式」が行われました。

温暖化により湖面が氷結することが少なくなりましたが、
寒くて湖面が凍った年には今も「御神渡り」が発生し、
その結果を現在も宮内庁気象庁に報告しているという。

諏訪湖周辺には全国諏訪神社の総本社諏訪大社があり、
諏訪湖の南に上宮二社(本宮・前宮)、
北に下宮二社(春宮・秋宮)に別れていますが、
「御神渡り」は上宮の祭神建御名方神が、
下宮の祭神八坂刀売神に会いに出かけた痕跡とされます。 

代々諏訪大社の大祝を務めてきた諏訪家は、
神官であると同時に武士として諏訪神党を率い、
諏訪湖の周辺地域を治めました。
隣国甲斐の武田家は、代々諏訪上宮の檀那でしたが、
武田信玄は諏訪に侵攻し、武家としての諏訪家は滅亡。
信玄は諏訪氏を再興する為、
諏訪家の娘を側室に迎え諏訪四郎が生まれます。
これが武田家の次代当主武田勝頼でした。
勝頼は本来、諏訪家を継ぐ予定で、
名に武田氏の通字「」ではなく、
諏訪氏の通字「」が使われています。

しかし武田家の嫡男武田義信は、謀反の疑いで切腹。
次男の竜宝は盲目、三男の武田信之は夭逝したため、
結局は勝頼が武田家を継ぐ事になっています。

武田家の興亡に際して、諏訪家は諏訪大社の大祝に専従し、
天正壬午の乱に乗じて諏訪頼忠が旧領を奪還。
徳川家康の配下となって一時諏訪を離れますが、
関ヶ原の戦い後に、次代諏訪頼水が旧領に復帰しました。
以後、諏訪家は大名家と大祝家に別れ、
江戸時代を通じて諏訪地方を治めています。


上諏訪周辺(高島城の場所)
かつては水城で「諏訪の浮城」と呼ばれた高島城ですが、
現在は湖岸から遠く離れています。


三の丸温泉跡」。
7代藩主諏訪忠粛下鶴沼に湧き出ていた温泉を、
木管で引いて造らせたもの。
始めは藩主専用の温泉で、後に藩士達も入るようになり、
維新後は一般でも入浴できるようになりました。
平成8年まで共同浴場があったそうですが、
諏訪市の温泉統合によって廃止されたそうです。
現在もわずかながら温泉を引いており、
手水鉢に注ぐ温泉水が、当時の面影をしのんでいます。


冠木橋と冠木門」。
高島城本丸の本丸大手門。
本丸大手門は冠木門と呼ばれていますが、
普通、冠木門は柱に一本の貫を通しただけの門の事で、
関所などに設けられるような門です。
高島城の絵図には楼門又は高麗門が描かれており、
はじめ冠木門として建てられた後、
建て替えられて名称だけが残ったのでしょう。
現在の門は昭和45年に再建されたものですが、
建築史家大岡實によって楼門として設計されましたが、
実際には一重の棟門又は薬医門であったとされます。


高島公園」。
本丸内は高島公園として整備されています。
訪問時は桜が満開。
地元の花見客であろう団体で賑わっていました。
良く整備された良い公園です。


高島城天守閣」。
明治4年に撮影された3枚の写真と、
江戸期の絵図を元に再建されたもの。
瓦を載せない柿葺に見立てた銅板葺の屋根と、
板張りの壁面が特徴的で、茶色いイメージの天守。
ほぼ当時の姿を模していますが、鉄筋コンクリート製で、
窓の数など若干の違いはあります。
中は天守閣資料館


川渡門跡(三之丸御殿裏門)」。
本丸西側の門で、高島城が諏訪湖に面していた当時は、
ここから舟に乗る事が出来たらしい。
現在は三之丸にあった御殿の裏門が移築されており、
廃城の際に払い下げられて移築していたものを、
所有者からの寄進によって再移築されたようです。


諏訪護国神社」。
諏訪出身の英霊を慰霊する護国神社。


角櫓」。
天守閣と共に再建された角櫓
極めて簡単な絵図しか残っていなかったらしく、
詳しい構造などは全くわかっていないので、
推測で再建されたらしい。


本丸を出て西側より撮影した天守。


前日は他所で散りかけの桜を見てましたので、
桜の満開時期に訪問できたのは良かったです。
それだけ諏訪が寒い地域ということですね。

やはり諏訪湖は見ておかねばと湖畔へ。

諏訪湖」。
武田信玄は死後、諏訪湖に沈められたとされます。
もちろん残念ながら俗説ですが、
信玄は自分の遺骸を諏訪湖に沈めるように遺言しており、
この諏訪湖に対する思い入れは強かったのでしょう。
また、爆発的ヒットとなったアニメ「君の名は。」は、
諏訪湖周辺などが物語に登場するの参考となった様です。


八重垣姫像」。
湖面に浮かぶように設置されている女性の銅像。
コンクリート製かと思ってたらブロンズ製の様です。
武田信玄の側室諏訪御料人の像かと思ったら、
浄瑠璃歌舞伎の演目「本朝廿四孝」に登場する女性で、
武田勝頼の許嫁である八重垣姫の銅像らしいです。

さて、幕末の高島藩ですが、
9代藩主諏訪忠誠は、幕政に参加して老中まで昇進した逸材。
天狗党の乱では、家老千野兵庫率いる約600名の藩兵が、
隣国の松本藩兵と共に、和田峠で天狗党を迎え撃ちますが、
双方とも死者を出し、突破されています。
天狗党の怪僧不動院全海はこの戦いで討死。
従軍していた高島藩士北沢与三郎は、
討死した僧兵が「今弁慶」不動院全海だと知り、
遺骸の肉を持ち帰って、味噌漬けにして食べたという。
野蛮とも思える話ですが、
強者にあやかりたい一心だったのでしょう。

慶応元年、将軍徳川家茂の上洛に反対して、
忠誠は老中を罷免されています。
その後、鳥羽伏見の戦いの後に新政府に恭順し、
東山道先鋒総督府軍と合流して、
甲州勝沼の戦いに参戦しています。
以後、北越戦争会津戦争に藩兵約300名を派遣。
戦後の論功行賞で賞典金2千両を賜りました。

【高島藩】
藩庁:高島城
藩主家:諏訪家
分類:2万7000石、譜代大名

■関連記事■
長野県松本市 松本城
 高島藩は松本藩と共に天狗党を迎撃しています。
天狗党の終焉①///
 その後、天狗党は敦賀で降伏。
長野県伊那市 高遠城跡
 隣藩の高遠藩内藤家の居城跡。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。