香川県丸亀市 玄要寺(京極家墓所)


玄要寺丸亀藩京極家の菩提寺で、
京極家の領地移転に伴って同じく移転し、
初代藩主京極高和龍野から丸亀に転封されると、
同じく龍野より移転して現在地に建立されました。

ただ、京極宗家の墓所は滋賀の徳源院のままで、
歴代藩主の墓は所領が変わっても徳源院に建てられ、
玄要寺にあるのは幕末期の藩主京極高朗の墓のみ。
また支藩の多度津藩京極家の墓所もあります。
※江戸の墓所は港区の光林寺


玄要寺」。
山号の泰雲山京極高次の戒名泰雲寺殿に由来し、
寺名は京極忠高の戒名玄要院殿から。
藩政当時は寺領150石を賜り、
塔頭三院を含み大伽藍が建ち並んでいたという。


京極高朗の墓所」。
玄要寺脇の路地を進むと現れる墓所ですが、
門が閉まっており非公開となっています。


従五位京極高朗墓所之墓」。
非公開でも中は覗けるようになっており、
神式の墓が鳥居付きで見えました。
丸亀藩6代藩主京極高朗は名君として知られ、
新堀湛甫を建設して海運に力を入れた他、
うちわ作りを奨励してこれを名産品とし、
また藩士領民の度を越えた贅沢の傾向には、
風紀を正す為の法律制定文教政策を行っています。
嘉永3年に隠居して養嫡子の朗徹に家督を譲った後は、
丸亀で余生を過ごして明治7年に死去しました。

京極高朗の墓所の隣には、
支藩の多度津藩京極家の墓所があります。

多度津藩京極家墓所」。
多度津藩京極家の菩提寺も玄要寺で、
墓所も境内に設置されています。
江戸の墓所は宗家と同じく光林寺で、
ここにあるのは領内で死去した2藩主の墓など。


泰嶽院殿前羽州太守安禪道寧大居士」。
多度津藩2代藩主京極高慶の墓。
高慶の治世では藩政はまだ安定しておらず、
大きな百姓一揆などが起こっていたようです。


雲関院殿前壹州刺史透翁道信大居士」。
多度津藩5代藩主京極高琢の墓。
名君であったとされ多度津湊を大規模に整備し、
瀬戸内屈指の良港に発展させました。
これによる貿易関連の雑税や、
こんぴら詣の参拝客からの収益が、
次代京極高典による軍制改革の資金となっています。
慶應3年に領内で死去。

この玄要寺には京極家の墓所の他、
女流勤皇家若江薫子の墓もあったようですが、
リサーチ不足で苔掃しておりません。
彼女は維新後に新政府に疎まれて宮中を追われ、
西国を放浪して滞在した丸亀で死去しています。

■関連記事■
香川県仲多度郡多度津町 多度津陣屋跡
 多度津藩京極家の陣屋跡。
兵庫県豊岡市 豊岡陣屋跡
 同族の豊岡藩京極家の陣屋跡。
京都府京丹後市 峰山陣屋跡
 同族の峰山藩京極家の陣屋跡。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。