香川県仲多度郡多度津町 多度津陣屋跡

丸亀藩2代京極高豊正室との間に男児3人を設けますが、
3人に共相次いで早逝してしまいます。
その後、側室との間に男児が生まれていますが、
その翌年に再び正室との間に待望の男児が誕生。
継子には正室との子である京極高或が選ばれますが、
高豊は別家の新設を幕府に届け出ました。

高豊は2年後に病没し、3代藩主に高或が就任しますが、
その際に正室の子京極高通に1万石の分知が認められ、
多度津周辺1万石で多度津藩が立藩します。
※丸亀藩主は3歳、多度津藩主は4歳でした。
はじめ陣屋は置かれずに高通は丸亀城に居住し、
その後も3代京極高文まで丸亀城が藩庁となっています。

4代京極高賢の時代に多度津に陣屋が建設され、
以降、廃藩置県まで多度津藩は続きました。


多度津陣屋跡は宅地化されて遺構は残っていません。
大通り」と「家中」の地名を分ける道路の交差点に、
小さな庭園が設けられており、碑が設置されています。


旧多度津陣屋蓮堀跡」。
蓮堀藩主御殿武家屋敷を分けた水堀で、
文字通り蓮が植えられていたのでしょう。
ここから西側が藩主御殿の敷地で、
東側に武家屋敷が軒を連ねていました。


桜川」。
市街地を流れる短い川で、
三本の小さな川が合流して桜川となっています。
多度津陣屋はこの川を天然の水堀に利用し、
また水運にも使われました。


旧たどつ藩お舟だまり跡」。
桜川が湾曲した外側の公園内にある跡碑。
川の湾曲した部分を利用して舟溜まりを造り、
年貢の荷揚げや物流の拠点としています。


多度津町立資料館(旧多度津藩士浅見邸跡)」。
多度津藩士であった浅見家の屋敷。
浅見家は小物成奉行を務めた家柄で60俵扶持。
1万石の多度津藩の中では上級に属しました。
現在は多度津藩関連の資料を展示しています。

多度津湊北前船の寄港地として讃岐三白の積出や、
※讃岐国の名産品の塩、砂糖、綿花。
海産物の積卸などの物資集散港であり、
金毘羅大権現の参詣客を乗せた金毘羅船も着港し、
大変栄えていたとされます。
特に5代藩主京極高琢は大規模な湛甫を構築し、
多度津湊を全国有数の良港に発展させ、
幕末期には宗藩の丸亀湊を凌ぐ繁栄を見せたという。

小藩としては珍しく積極的に軍制改革を行っており、
大砲や小銃の鋳造、農兵で構成された赤報隊の設立、
横浜で外国から小銃の大量買い付けを行っています。
これらの資金は多度津湊からもたらされる雑税と、
多度津七福人と呼ばれた豪商達の上納金で捻出され、
小藩ながら軍備の整った精鋭を揃えました。
これらは鳥羽伏見の戦いにも新政府軍として参戦し、
朝敵となった高松藩へも出兵しています。

■関連記事■
兵庫県豊岡市 豊岡陣屋跡
 同族の豊岡藩京極家の陣屋跡。
京都府京丹後市 峰山陣屋跡
 同族の峰山藩京極家の陣屋跡。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。