青森県弘前市 長勝寺(弘前藩津軽家墓所)【再訪】

弘前藩津軽家の菩提寺である長勝寺
前回は雪が積もっていた為(記事はこちら)、
雪の無い季節に改めて訪問しました。


三門」。
2代藩主津軽信枚による建立。
前回は雪化粧でしたね。
長勝寺の4つの国指定重要文化財のひとつ。


本堂」。
向拝玄関のない本堂は庫裡を通って入れます。
ここで霊廟の拝観をお願いしますが、
今は一般公開していないとの事。
前はしていたが住職が代わられてから、
方針が変わって公開していないのだという。

仕方なく塀の外より拝観することに。

環月台」。
初代藩主津軽為信の正室戊姫(阿保良)の墓。
大浦為則の娘で為信を婿養子に迎え、
為信の戦の際には将兵に手拭や赤飯を配ったり、
自ら火薬を調合して前線に送るなど為信を支え、
為信が京都で死去した後は剃髪し、
仙桃院を号して弘前城北ノ丸に居住。
2代信枚の妻満天姫とは仲がよかったという。


碧巖台」。
2代藩主津軽信枚の墓。
為信の三男で母は側室栄源院
為信には長男の津軽信建
次男の津軽信堅がいましたが、
2人は相次いで早逝した為に嫡子となりました。
しかし兄信建の遺児熊千代を擁する派閥が、
幕閣に訴えて熊千代の藩主相続を主張。
しかし信枚は幕府への根回しを行い、
藩主就任を認められ熊千代派を粛正しています。
幕府の政治僧南光坊天海に弟子入りし、
天海の推薦で徳川家康の養女満天姫を妻に迎え、
幕府との繋がりを深めました。
また本拠の地名を鷹岡から弘前に改めており、
城下の整備、新田開発、交易ルート整備等、
弘前藩の基礎を築いた人物とされています。
江戸藩邸で死去しており、この廟は分霊墓。


明鏡台」。
信牧の正室満天姫の墓。
家康の異父弟松平康元の娘で家康の幼女となり、
福島正則の養嗣子福島正之に嫁ぎますが、
正之が乱行によって幽閉されて死去すると、
実家に戻った後に信枚と再婚。
信枚の正室は石田三成の三女辰姫でしたが、
辰姫を側室に下げて満天姫を正室にしました。
とはいえその後辰姫は男子を生み、
翌年に満天姫も男子を生みますが、
世継ぎは辰姫の子(3代津軽信義)となり、
満天姫の子津軽信英は旗本となって、
後の石黒藩の祖となっています。
信枚の死後は葉縦院と号して余生を過ごし、
死後は長勝寺に埋葬。

これ先の「白雲台(三代藩主津軽主信)」と、
「凌雲台(六代藩主津軽信著)」は、
塀の外から覗くには遠く、
廟所は写真に納められませんでした。



津軽家歴代墓所」。
3代藩主信義から報恩寺が菩提寺となり、
墓所も法恩寺に定められていましたが、
昭和29年に長勝寺に改葬されています。
入れないので確認できませんが、
調べた限りでは、
5代津軽信寿、7代津軽信寧、8代津軽信明
9代津軽寧親、10代津軽信順
11代津軽順承、5代信寿の嫡男津軽信興
11代順承の養嫡子津軽承祐の墓が、
集められているようです。

ちなみに報恩寺からの改葬に伴う発掘調査で、
承祐がミイラ化している事がわかり、
当時世間を驚かせました。
学術調査の後に長勝寺に安置されていましたが、
腐敗が進んだ為に津軽家の意向によって火葬。
現在は歴代の墓と共に埋葬されています。

■関連記事■
青森県弘前市 長勝寺(弘前藩津軽家墓所)
 前回訪問時の記事。雪の季節でした。
青森県黒石市 保福寺跡(黒石藩津軽家墓所)
 弘前藩の支藩である黒石藩津軽家の墓所。
青森県弘前市 弘前城(再訪)
 弘前藩津軽家の居城跡。