青森県黒石市 保福寺跡/黒石藩津軽家墓所

黒石藩津軽家の墓所は保福寺跡
跡ということは寺が無いということですが、
保福寺が廃寺になったということではなく、
平成3年に火災で焼失してしまった為、
市街より東の牡丹平へ移転しています。


保福寺山門」。
焼失してしまった元の保福寺の跡は、
墓地が残されている他は更地となっており、
更地なだけに寺域の広大さがわかります。


津軽家墓所」。
黒石藩津軽家の菩提寺は、
江戸の津粱院常福寺でしたが、
国許あったほうが良いだろうということで、
名家老として知られる境形右衛門が、
保福寺を菩提寺に定めたという。
左側2基の古い墓は3代津軽承保の子と、
初代津軽親足の子久鶴の墓で双方とも早逝。
右側の2基が石黒津軽家の累代墓です。

■関連記事■
青森県黒石市 黒石陣屋跡
 黒石藩津軽家の陣屋跡。
青森県弘前市 長勝寺
 宗家の弘前藩津軽家の菩提寺。
青森県上北郡 野辺地戦争関連史跡
 黒石藩は弘前藩と共に野辺地へ侵攻。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。