青森県黒石市 黒石陣屋跡

黒石藩弘前藩の支藩で、
交代寄合4000石の黒石津軽家が、
弘前藩より6000石を分地されて、
諸侯に列したことに始まります。

交代寄合4000石の頃から財政は裕福で、
実収1万石を超えていたという。
また、ねぶたなどの祭りを奨励して、
周辺より人を呼び寄せるなど、
商業政策で城下町が発展していたようです。

黒石津軽家6代当主津軽寧親は、
弘前藩7代藩主津軽信明が継嗣なく死去したため、
宗家を継いで弘前藩8代藩主となります。
その後、弘前藩は蝦夷警備の功績で10万石となり、
寧親はそのうち6000石を黒石津軽家に与え、
出身の黒石津軽家の家格も上げました。


御幸公園」。
黒石陣屋のあった場所は、
現在御幸公園として整備されています。


招魂堂」。
黒石出身の英霊を祀る招魂堂


黒石城跡」。
御幸公園の南西角にある石碑。
黒石市には、別の場所に「旧黒石城址」がありますが、
こちらは鎌倉時代の地頭代工藤氏の居城で、
ここの黒石陣屋とは全くの別物です。


石碑と隣には絵図がありました。
見る限り規模の小さい陣屋だったことがわかりますね。
御幸公園は馬場のあった場所のようです。


公園南側には堀切があり、橋が架けられています。
この先が「蝦夷館」でアイヌの居砦だったらしい。
橋の下には陣屋時代の空堀が残されており、
陣屋の面影を残す数少ない遺構となっています。


「加藤宇兵衛翁銅像之跡(奥)」、
「忠勲之碑(手前)」。
幕末に関係あるような碑はありません。
写真は黒石出身の政治家加藤宇兵衛の銅像跡碑と、
日露戦争を記念した忠勲碑です。


黒石市スポーツ交流センター」。
御幸公園の黒石陣屋絵図を見ると、
御殿が建っていたのはスポーツ交流センター辺りです。

幕末の黒石藩は、宗家の弘前藩と行動を共にし、
奥羽越列藩同盟脱退、新政府への恭順も、
弘前藩と同様に行われました。
二重外交方針で日和見を続けた弘前藩でしたが、
新政府軍の優勢が明らかになると、
その旗色を明確にさせようとします。

既に盛岡藩は新政府に降伏した後でしたが、
弘前藩・石黒藩の連合軍は、
盛岡藩・八戸藩兵の駐屯する野辺地へ侵攻。
本陣である野辺地軍事局に接近しました。
そこへ七戸藩の援軍が駆けつけます。
援軍到着に盛岡藩・八戸藩兵は奮起して反撃を開始。
日の出時刻ということで、東からの陽光で目をやられ、
弘前藩・石黒藩連合軍は反撃することが出来ず、
大きな被害を出して弘前藩・石黒藩兵は退却し、
27~45名の戦死者を出す散々の結果となっています。

【黒石藩】
藩庁:黒石陣屋
藩主家:黒石津軽家
分類:1万石、外様大名(弘前藩支藩)

■関連記事■
青森県弘前市 弘前城
 宗家の弘前藩津軽家の居城。
青森県上北郡野辺地町 野辺地戦争関連史跡
 戊辰戦争末期。黒石藩は弘前藩と共に野辺地へ侵攻。
青森県黒石市 保福寺跡
 黒石藩津軽家の墓所。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。