岡山県岡山市 曹源寺(正覚谷池田家墓所)

岡山藩池田家の歴代墓所は、
和意谷池田家墓所正覚谷池田家墓所の2つ。

和意谷の方は儒式の墓所で、
姫路藩初代池田輝政、2代池田利隆
岡山藩初代池田光政、8代池田慶政、9代池田茂政
および分家の当主等の墓があり、
正覚谷池田家墓所は曹源寺に造営された仏式の墓所で、
岡山藩2代池田綱政、3代池田継政、4代池田宗政
5代池田治政、6代池田斉政、7代池田斉敏
10代池田章政の墓があります。


総門」。
蓮の茂る小川に架かる石橋の先に総門が建っており、
正面からはその先の三門仏殿が望めます。
2代綱政は高祖父池田恒興と父光政の菩提を弔う為、
曹源寺を開基して自らの菩提寺もここに定めました。
綱政は儒教への関心が低く、
父が造営した儒式の墓所へ入るのを嫌がり、
新たに曹源寺仏殿の背後に墓所を造営したようです。


三門」。
総門と本堂の間にある三門は、
本堂から100歩の位置に建てられています。
山号の護国山は恒興の戒名護国院殿から取られ、
山号額は綱政本人の書という。


仏殿」。
曹源寺は仏殿以外は創建当時のものですが、
仏殿は元禄11年(1698)に火災に遭って焼失。
現在の仏殿は文政7(1824)に再建されたもの。


正覚谷池田家墓所入口」。
なんと墓所への入口は閉じられていました。
事前リサーチでは非公開という情報は無かったのに・・。
※ただのリサーチ不足です。
お寺の方に入れないかと聞こうと思って待っていたら、
方丈から修行僧が沢山出てきました。
よし聞こうと近づくと全員外国人の方ばかりで、
英語を喋れない僕は話しかける事が出来ませんでした。
後で調べると住職以外の修行僧は皆外国人という。
それも中々面白いし良い事であろうと思います。
墓所の参拝は出来ませんでしたが、
珍しいものを見れたので良しとしました。

■関連記事■
岡山県岡山市 岡山城
 岡山藩池田家の居城跡。
岡山県浅口市 鴨方陣屋跡
 岡山新田藩のひとつ。維新後に鴨方に藩庁を置いています。
岡山県倉敷市 東雲院(生坂藩仮藩庁)
 岡山新田藩のひとつ。維新後に東雲院を仮藩庁にしています。