福井県福井市 橋本佐内墓所

橋本佐内は福井藩医橋本長綱の長男として生まれ、
蘭医学を学ぶために大坂に出て適塾緒方洪庵に師事。
帰藩後は父の跡を継いで藩医となり、
安政元年に江戸に遊学して蘭医坪井信良に入門し、
坪井の紹介で杉田成卿にも学んでいます。
江戸で蘭学を学ぶ傍らで諸藩士らと交友し、
次第に政治に関心を持つようになり、
医職を解かれて書院番明道館教授を経て、
藩主松平慶永(春嶽)の側近となります。
将軍継嗣問題一橋慶喜擁立運動を展開し、
京都で周旋活動をおこないましたが、
安政の大獄によって捕縛され、
取り調べの末に伝馬町牢屋敷で斬首されました。

この橋本佐内の墓所が市内佐内公園内にあります。

橋本佐内先生像」。
公園内に聳える橋本佐内の銅像。
佐内は高潔で清廉潔白な性格であったようで、
親交のあった西郷隆盛は年長の藤田東湖と並び、
年下の佐内も尊敬していたという。


景岳先生之墓」。
公園内にある橋本佐内の墓。
左右の墓碑は両親、親類のものです。
佐内は取り調べの際、自らの行動を藩主の命と主張。
これが士道に反するということになり、
遠島程度の罪が斬首になったという。
左内の遺骸は小塚原回向院に埋葬されましたが、
文久2年に安政の大獄の処分者の恩赦が出ると、
福井の善慶寺に改葬されています。
明治10年には新しい墓石も建立され、
以前の墓石は明治26年に回向院に戻されます。
しかしこの善慶寺は空襲によって焼失し、
戦後に児童公園となって佐内の墓所が整備され、
現在に至っています。

■関連記事■
東京都荒川区 南千住 小塚原回向院
 橋本佐内の墓もある小塚原回向院。
福井県小浜市 梅田雲浜関連史跡
 佐内と同じく安政の大獄で殺された梅田雲浜の史跡。
萩市 吉田松陰墓所
 佐内と同じく安政の大獄で殺された吉田松陰の墓所。