兵庫県姫路市 法性寺(安志藩小笠原家墓所)

安志藩小笠原家の領内菩提寺は法性寺
小笠原長興安志藩に封じられた際に建立され、
小笠原家の庇護を受けて隆盛し、
廃藩後も規模を縮小しながら存続しています。


法性寺本堂」。
本尊は木造薬師如来座像
堂内には藩主一族の位牌が安置されているという。
老朽化の為に鉄筋コンクリート製に建て替えられています。

歴代藩主のうち領内で死去したのは、
2代小笠原長逵と5代小笠原長武の二人。
彼らの墓は高速道路建設により改葬され、
下地図の位置の移されています。

姫路市安富町安志の法性寺周辺(小笠原家墓所の場所)。
高速道路の高架をくぐって左に進むとあります。


大雄山霊苑」。
高速道路建設により移転した法性寺の墓地。
大雄山は法性寺の山号です。
この墓地の奥正面が小笠原家の墓所。


景雲院殿前信州太守天寧宗祐大居士(右)」、
通源院殿前信州太守天質宗晃大居士(左)」。
2代藩主小笠原長逵の墓(右)と、
5代藩主小笠原長武の墓(左)。
2代長逵は夫食付方仕法という共済制度を制定し、
生活に困窮する領内の百姓を救済しており、
これは幕府による同様の制度より30年早かったという。
5代長武は後の小倉藩主小笠原忠幹の実父ですが、
藩政において特筆するものはみつかりませんでした。

ちなみに他の藩主の墓は東京練馬区の広徳寺
小笠原家の他にも多くの大名墓がある寺で、
まだ未訪問ですが是非とも訪問したい寺です。

■関連記事■
福岡県北九州市 福聚寺(小倉藩小笠原家墓所)
 宗家の小倉藩小笠原家の歴代墓所。
福井県勝山市 開善寺(勝山藩主小笠原家墓所)
 勝山藩松尾小笠原家の歴代墓所。
福岡県北九州市 開善寺(千束藩小笠原家墓所)
 小倉新田藩小笠原家の墓所。