福井県勝山市 開善寺(勝山藩主小笠原家墓所)

譜代大名の墓所は江戸にあることが多い。
これは転封が多いせいかもしれませんね。
ですが勝山藩小笠原家の墓所は、
勝山藩領にある開善寺にあり、
初代より歴代藩主の墓が並んでいます。


開善寺」。
開善寺は勝山藩主小笠原家の菩提寺で、
小笠原貞信高須藩から移ったことに伴い、
同寺も勝山城下に移ってきました。


本堂」。
荒れ果てている・・とまではいきませんが、
手入れは行き届いてはいない様子の本堂。
藩主菩提寺は藩政時代に隆盛を見るのですが、
明治に入って藩主の庇護が無くなった際には、
檀家などからの財源確保が大変だったでしょうね。

この本堂裏手に小笠原家墓所があります。

小笠原家墓所」。
正面一列に歴代藩主の墓が並んでいます。
墓碑に刻まれた文字は破損していますが、
勝山は豪雪地帯ですので、
雪による影響でしょう。


真光院殿鉄梁一玄大居士」。
初代藩主小笠原貞信の墓。
関宿藩、高須藩、そして越前勝山藩と
転封を繰り返しており、小笠原家の財政は困窮。
これに貞信は、年貢の増徴で補おうとしますが、
領民の反発を招きました。
まだ信頼関係も築けていない新しい領民に対して、
年貢を増徴してはいけませんね。


心源院殿大巌義秀大居士」。
幕末の藩主8代小笠原長守の墓。
諸藩の御多分に漏れず、越前勝山藩も財政難でした。
長守は幼かった為、家老林毛川が藩政を取り仕切り、
財政改革を行っています。
林は倹約令や特産品の専売化を進め、
一定の効果を挙げましたが、
安政地震や幕命の普請などで短期間に財政は悪化。
藩士民より林の罷免を求める声が大きくなった為、
林を罷免して以降は、自ら藩政に携わりました。
新政府の樹立には、いち早く恭順の意を示し、
弾薬2万発を献上しています。

勝山市は隣の大野市と共に豪雪地域で、
冬には相当の雪が降るらしい。
墓石は雪が降ると内部の水分が固まって、
破損しやすくなるのだそうです。
これは雪国あるあるで、墓石が雪で痛むなんて、
史跡訪問を始めてからはじめて知った事。
ここの墓石も破損が酷く、
戒名が読めないものが多くありました。

■関連記事■
福井県勝山市 勝山藩主小笠原家墓所
 越前勝山藩主小笠原家の墓所。
福井県勝山市 越前勝山藩校成器堂跡
 越前勝山藩の藩校の遺構。
福岡県北九州市 福聚寺(小笠原家&島村志津摩の墓所)
 同族である小倉藩小笠原家の墓所。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。