福井県勝山市 越前勝山藩校成器堂跡

越前勝山藩の藩医であった秦魯斎は、
藩主小笠原長貴や世子長守の病を治し、
藩主及び藩内で絶大な信頼を得ていました。
越前勝山藩に諸藩のような藩校が無いのを憂い、
家老の林毛川が藩政改革に乗り出すと、
人材育成が藩には不可欠であると毛川に進言。
自分の所蔵の書籍と数百両の金を献じて、
越前勝山城三之丸に藩校読書堂を開設させました。

やがて読書堂は成器堂と改称され、
秦は学頭として指導と経営にあたります。
成器堂は儒学以外に、西洋医学蘭学兵学
礼法等を教え、教授には秦や林毛川の他、
丸山鳴石林雪蓬安田三渓らがあたり、
藩士の育成に力を注ぎました。


旧成器堂講堂」。
市内にある神明神社の境内に移築された講堂。
瓦には勝山藩主小笠原家の家紋「三階菱」が見え、
当時のままの外観で保存されているとのこと。

市街北部の布市へ。

成器堂演武寮」。
演舞寮は文武両道を奨励する成器堂で、
剣術槍術の道場として利用されたもので、
布市の道場が大火で焼失した際に、
買い取られて移築されたもの。

この他、成器堂門も移築現存しているとの事ですが、
時間の関係で訪問していません。
これほど藩校の建物が残っている例は少なく、
全国的にも大変珍しいようですね。

■関連記事■
宮崎県日南市 飫肥藩校振徳堂
 飫肥藩の藩校振徳堂。
長崎県大村市 五教館跡
 大村藩の藩校五教館の跡。
岡山県総社市 浅尾陣屋跡
 浅尾藩の藩校集義館が研修センターとなっています。
兵庫県姫路市 林田陣屋跡
 林田藩の藩校敬業館の講堂が現存しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。