広島県福山市 福山藩主阿部正方墓所

福山藩阿部宗家の歴代藩主は幕政に参加し、
その殆どの期間を江戸で過ごしています。
従って藩主の歴代墓所は江戸にあって、
国許にはありませんでした。

老中首座を務めた7代阿部正弘の死後、
6代阿部正寧の長男阿部正教が家督を相続。
正教は19歳と年若く病弱だった為、
幕政には関与する事は無く、
僅か4年で病死しています。
そして9代は正教の弟阿部正方が相続し、
京都警備第一次長州征伐に藩兵を派遣。
第二次長州征伐石州戦争に参加しました。
福山藩は大政奉還後も態度を明確にせず、
また幕政に参加した譜代藩であった為、
長州藩は藩兵を派遣して福山藩領に侵攻。
その矢先に正方は福山城内で病死します。
この状況に福山藩は正方の死を秘匿し、
福山城北西の小丸山に密かに埋葬。
長州藩は手薄な小丸山方面から侵攻した為、
藩兵は藩主の仮埋葬地を死守しました。
結局は大きな被害なく恭順する事となり、
仮埋葬地を荒らされずに終戦。
福山藩はすぐに戊辰戦争に駆り出され、
正方が本葬が行われたのは、
明治2年8月になってからという。
広島藩の浅野元次郎が養子となり、
 10代藩主阿部正桓となっています。

正方は小丸山の仮埋葬地から改葬され、
北西1kmの小坂山に埋葬されました。


北本庄庭球場の南側角より細道に入り、
左側の坂を登ると墓域入口に到着。
柵は車除けの為で歩いて登る事はではんしゅきます。


少し登った頂上にある開けた場所。
奥に鳥居付きの墓が見えます。


従四位下行主計頭阿部朝臣正方墓」。
福山藩9代藩主阿部正方の墓。
歴代藩主と違って藩政に力を注ぎ、
大規模な干拓工事(大新涯)を行っています。
また洋式帆船順風丸を竣工させた他、
農兵を徴募して領内治安を維持。
江木鰐水等の優秀な人材の意見を取り入れ、
僅か7年の短い治世で多くの政策を実施。
墓は谷中霊園にある歴代墓所とは違い、
神式による円筒形の墓となっており、
側面は亀甲形の切石が組まれ、
上部が玉石で覆われた土饅頭形です。

時局柄その死が秘匿されたのは、
小倉藩9代小笠原忠幹の場合と似ています。
人知れず仮埋葬された藩主達。
藩士達の心情はいかばかりでしょうか?

■関連記事■
広島県福山市 福山城
 福山藩阿部宗家の居城跡。
福岡県北九州市 福聚寺/小倉小笠原家墓所
 小倉藩小笠原家の歴代墓所。
広島県広島市 広島城
 隣藩の広島藩浅野家の居城跡。