福島県白河市 仙臺藩士戊辰戦沒之碑

会津街道奥州街道の分岐点であった女石に、
仙台藩の戦死者を慰霊する碑が建てられています。


仙台藩は白河戦争(白河口の戦い)で、
参謀坂本大炊はじめ150余の戦死者を出しており、
各地でその屍が集められてこの場所に埋葬。
地元有志によって供養塔が建立され、
後に慰霊碑が建てられました。


仙臺藩士戊辰戦沒之碑」。
明治23年に元仙台藩主伊達宗基が建立した慰霊碑。
宗基は先代藩主伊達慶邦が謹慎処分となり、
養嫡子伊達宗敦も廃嫡となった事により家督を継ぎ、
最後の仙台藩主となっていますが、
幼少の為に政務を執る事が出来なかった為、
明治3年に謹慎を解かれた宗敦に藩知事を譲りました。
しかし伊達宗家の当主は宗基のままで、
元藩主家を代表して慰霊碑を建てています。


戦士供養塔」。
明治2年に建立した合葬墓で、
5月1日~7月17日までの戦死者を埋葬した際、
地元の有志によって建立されたもの。

仙台藩は各地に多数の藩兵を送っており、
戊辰戦争全体で1207名の戦死者を出しています。
これは会津藩の2973名についで2番目に多い。
白河、磐城方面に4400、秋田に3000を援兵し、
自領には3800しか配置されていなかったようで、
まさに本気で戊辰戦争を戦ったといえるでしょう。

■関連記事■
宮城県大崎市 天性寺(坂本大炊墓所)
 決死の渡河を敢行して戦死した参謀坂本大炊の墓。
福島県白河市 白河小峰城
 戊辰戦争の戦局を左右した白河戦争の舞台。
宮城県栗原市 瑞満寺(姉歯武之進墓所)
 世良修蔵を殺害した姉歯も白河の戦闘で戦死しています。