宮城県栗原市 瑞満寺(姉歯武之進墓所)

姉歯武之進世良修蔵暗殺の実行犯として知られます。
世良は奥羽鎮撫総督府下参謀として、
総督九条道孝以下500余名と共に仙台藩に派遣され、
威圧的な態度で仙台藩士らの反感を買っていました。

姉歯武之進は仙台藩士大河内頼存の弟として生まれ、
※どこを調べても父ではなく兄の名しか見当たらない。
同藩士姉歯忠三郎の婿養子となります。
剣術に優れ、免許皆伝の腕だったという。


瑞満寺」。
由緒はよくわかりませんが立派なお寺で、
境内には姉歯武之進の墓や碑の他に、
姉歯下館城主姉歯氏の板碑も残されてます。
住所の金成姉歯からわかるように、
古来より姉歯氏の領地だった土地で、
瑞満寺もゆかり深い寺のようです。


仙台藩軍監 烈士 姉歯武之進顕彰碑(右)」。
仙台藩 藩士姉歯武之進の略歴(左)」。
瑞満寺の寺域に入ってすぐの場所に、
姉歯武之進の墓や碑が並べられています。

世良は福島城城下の旅館「金澤屋」に投宿し
同じく下参謀の大山格之助宛てに密書を書きますが、
これが仙台藩重臣瀬上主膳の手に渡ります。
そこには「奥州皆敵」の文字が書かれており、
激怒した瀬上は姉歯らに世良殺害を指示。
姉歯は、田辺覧吉赤坂幸太夫松川豊之進
末永縫殿之允大槻定之進
福島藩士遠藤条之助杉沢覚右衛門鈴木六太郎
目明し14~15名で「金澤屋」を襲撃し、
世良と配下の勝見善太郎を捕縛。
2人を阿武隈川の河原で斬首しました。


義勇孝忠清信士(日下勇墓:右)」、
姉歯武之進平景澄墓(中央)」、
義真忠鑑清信士(千葉松治墓:左)」。
姉歯武之進の墓とその家臣2人の墓。
その後、姉歯は瀬上主膳率いる五番大隊軍監となり、
白河戦争(白河口の戦い)に参戦しますが、
この戦いで戦死しています。
両脇の2つの墓は双方共に姉歯の家臣で、
姉歯と同日に戦死しました。

■関連記事■
宮城県白石市 世良修蔵墓所
 白石市の陣場山にある世良の墓所。
福島県福島市 世良修蔵官修墳墓
 福島市にある世良の官修墓。
宮城県大崎市 天性寺(坂本大炊墓所)
 同じく白河で戦死した参謀坂本大炊の墓。