滋賀県大津市 膳所城跡

膳所城天下人となった徳川家康が、
全国の諸大名に命じて行わせた天下普請で、
初の城郭普請として築城された城でした。
縄張りは築城の名手藤堂高虎によるもので、
本丸琵琶湖に突出して天守が湖面に浮かぶ、
美しい城であったという。

関ケ原の前哨戦で西軍に破壊された大津城を廃し、
その戦禍を免れた建築物が転用されています。
※大津城の建築物は彦根城にも転用。
 大津城本丸跡には大津代官所が設置され、
 幕府蔵なども建てられました。



本丸大手門(模擬再建)」。
膳所城本丸跡は膳所城跡公園として整備され、
大手門などが再現されていますが、
そこには殆ど遺構は見当たりません。
とはいえ城門が市内あちこちに移築され、
移築遺構はかなりの数があるようです。
本丸大手門も膳所神社の表門として現存し、
ここを真っ直ぐ西へ400m進んだ場所に、
その姿を残しています。


本丸前の水堀」。
大手門左右には水堀がありますが、
これは当時のものではなく再建されたもの。


本丸跡」。
築城当時は湖に面する部分が本丸で、
手前の陸側が二ノ丸でしたが、
寛文2年(1662)の大地震で城が倒壊した為、
本丸と二ノ丸を繋げて新たに本丸とし、
三ノ丸だった曲輪を二ノ丸としています。
本丸には4重4階の天守が建てられていましたが、
天守台跡なども全く残っていません。


膳所城址」碑。
大手門を入ってすぐ前にある跡碑。
この後ろ側の土が盛り上がっていますが、
これも遺構ではないようです。


本丸から観る「近江大橋」。
昭和49年に開通した琵琶湖を横断する道路橋。
平成25年に有料道路から無料開放となり、
気軽に渡れるようになりました。
湖岸に石垣らしい石が散らばっていますが、
これが当時の石垣の名残のようす。


二ノ丸跡」。
本丸跡より見える城風の建物は、
大津市膳所浄水場の取水設備の建物で、
二ノ丸跡は浄水場となって入る事は出来ません。
藩主居館である二ノ丸御殿が建てられており、
膳所藩の政庁として政治の中枢だった場所でした。

築城された膳所城は譜代の戸田一西に与えられ、
3万石を持って膳所藩が成立。
琵琶湖のシジミが関東のシジミより小さかった為、
入間川のシジミを移入して繁殖させており、
これを特産品として奨励しました。
※これは現代では生態系の破壊で怒られますね。
一西は城下の巡見中に馬が暴れて落馬。
不運にもこの時に脇差が抜けて刺さり、
この傷がもとで死去してしまいます。
跡を継いだ長男の戸田氏鉄尼崎に加増転封し、
代わって本多康俊が入封。
康俊は大坂夏の陣で105の首級を挙げ、
1万石加増で膳所藩にはいったという。
康俊の次代本多俊次は5千石加増で西尾藩に転封し、
代わって菅沼定芳石川忠総と入れ替わり、
忠総の次代の石川憲之伊勢亀山藩に移されると、
再び俊次が7万石で加増転封され、
以後は康俊系本多家が廃藩まで13代続きました。

幕末の膳所藩は京都に近い土地柄故か勤皇派が多く、
長州藩士らとも親交していましたが、
譜代藩として佐幕派も当然存在しており、
両者の藩内抗争が続いていました。
幕府でも膳所藩の藩内抗争があやふまれ、
京都守護職新撰組密偵を送っていたとされ、
これが膳所城事件に繋がります。

禁門の変を経て長州征伐が決定されると、
将軍徳川家茂自らがその指揮をとることとなり、
この為の上洛で家茂が膳所城に宿泊する事が決定。
膳所藩では2代徳川秀忠以来の将軍宿泊であり、
藩を挙げて御殿の改修などを行っていました。
しかしその後に京都守護職松平容保より、
膳所藩士保田信解らが将軍暗殺計画を企てたとし、
膳所城宿泊の中止通達が届きます。
これに驚いた膳所藩は安田ら勤皇派11名を捕縛。
容保に予定通りの宿泊を嘆願しますが聞き届けられず、
将軍は厳戒態勢のままで膳所を通過しました。
面目を潰された膳所藩は11人を処刑。
この事件は膳所城事件と呼ばれています。

膳所藩は王政復古後に新政府に恭順。
桑名藩領の接収に先鋒として参加しており、
戊辰戦争でも北陸に藩兵507名を派遣し、
2名の戦死者を出しました。

明治3年に処刑された11名の名誉が回復し、
膳所十一烈士として祀られて遺族も復職。
佐幕派の藩士にも処分が為されています。
また膳所藩は廃城願を新政府に提出し、
膳所城を解体して天守以下の建物を売却。
新政府の打ち出した「帰農法」には、
士卒の9割がこれを受け入れたという。
※家禄を返上して農業や商業に転職するならば、
 一時金や土地を与えるという方針だった。


膳所城は湖畔に築かれた城であり、
琵琶湖の波の浸食に悩まされ続けますが、
東海道を行きかう大名や多くの人の目に触れる為、
絶えず城の補修を余儀なくされます。
これが膳所藩の財政を圧迫しており、
藩および藩士が共に苦しんでいた事が伺え、
帰農や廃城も仕方ないのかなとも思われます。

膳所藩
藩庁:膳所城
藩主家:康俊系本多家
分類:7万石、譜代大名

■関連記事■
兵庫県宍粟市 山崎陣屋跡
 同族の山崎藩本多家の陣屋跡。
愛知県岡崎市 岡崎城
 岡崎藩本多平八郎宗家の居城跡。
福島県いわき市 泉陣屋跡
 同族の泉藩本多家の陣屋跡。