下関市阿内 阿内八幡宮(清末陣屋表門)

清末地区の西側の阿内地区八幡宮に、
清末陣屋表門が移築されて現存しています。


阿内八幡宮」。
平安時代初期の貞勧2年(860)に、
宇佐八幡宮より勧請したとされ、
仲哀天皇禊の地としての伝説がある他、
元寇の際に霊験を現したとの事で、
長門探題から神田を賜ったとされます。
室町時代の文明3年(1481)に社殿が改築され、
清末藩の立藩後は崇敬を受けていたという。


楼門(旧清末陣屋表門)」。
回廊に挟まれた楼門は清末陣屋の旧表門。
四脚門形式の表門だったようですが、
瓦は葺き替えられているようです。
明治6年に移築されたもので、
16円95銭で払い下げられました。
明治時代の1円が現在の約2万円とすると、
33万円位で払い下げられた事になります。
意外と安いですね。


拝殿」。
大正8年建立の拝殿
平成19年に補修が行われました。
祭神は応神天皇神功皇后仲哀天皇
田心姫命市杵島姫命湍津姫命大山祇神
境内社として綿津見神社菅原神社
須賀神社が鎮座しています。

■関連記事■
下関市清末 清末藩陣屋跡(再訪)
 清末藩毛利家の陣屋跡。
下関市清末千房 清末陣屋長屋門
 移築現存する長屋門。
下関市清末 高林寺(清末藩毛利家墓所)【再訪】
 清末藩毛利家の歴代墓所。