愛知県田原市 華山神社

渡辺崋山田原藩藩士渡辺定通の長男に生まれ、
8歳で藩主嫡男の亀吉や三男元吉伽役となり、
藩主三宅康友にも目を掛けられていましたが、
父が養子であることから扶持を減らされて、
得意のを売って生計を支えていたという。
絵は大叔父平山文鏡の手ほどきを受け、
次に白川芝山金子金陵に入門し、
金陵の師谷文晁にも教えを受けました。
画家として著名になりながらも藩に出仕し、
家督相続後は取次役などを務めています。

10代藩主三宅康明が死去すると、
藩重役達は財政難を克服する為、
大藩の姫路藩酒井家から養子を貰い、
持参金を得ようと画策しますが、
崋山は康明の弟三宅友信を擁立し、
三宅家の血統を重視するべきと主張。
しかしこれは覆らず姫路藩より三宅康直が入り、
11代藩主となっています。

その際に崋山は藩重臣らや姫路藩と交渉。
次代は友信の男子康直の娘を結婚させ、
次の藩主とすることを誓約させました。
また友信には隠居格として邸宅を与えて優遇し、
崋山は友信の側用人となっています。
藩主となった康直は崋山を登用して家老職とし、
藩政改革に従事させ、
格高制の導入、倹約令農政改革を行い、
災害に備えて報民倉を設置。
これが天保の大飢饉で大いに効果を発揮し、
領内の餓死者を皆無としました。

崋山はこうした施政の傍らで書画の創作を続け、
また著名な学者らが集まる尚歯会に参加。
高野長英らと飢饉対策の意見を交換しますが、
海防問題にまで議論を深める様になり、
幕府の外国政策に危機感を持つようになります。
崋山は慎機論を執筆して幕府を非難しますが、
藩への迷惑を鑑みて発表を中止。
草稿のまま自宅に放置していましたが、
蛮社の獄が発生して家宅捜索が行われ、
その草稿が発見されて幕吏に逮捕されました。

崋山が投獄されると絵の門人や友人達が奔走し、
救援、減刑活動に奔走。
その甲斐あって在所蟄居の判決が下り、
田原の池ノ原屋敷での蟄居生活を送ります。
しかし禄を奪われて収入がなくなった為、
極貧生活を余儀なくされてしまい、
これを憂慮した門人福田半香は、
江戸で崋山の書画会を開いてこれを売り、
代金を生活費に充てていますが、
これが幕府に問題視されたと聞いた為、
藩への迷惑を恐れて屋敷の納屋で切腹します。
不忠不孝渡邉登」と絶筆の大書を遺し、
餓死るとも二君に仕ふべからず」と遺書。
天保12年、49歳でした。



崋山神社」。
崋山は明治になるとその功績が評価され、
人々に顕彰されるようになりましたが、
没後100年記念に神社創建の運動が起こり、
有志達によって崋山神社創立奉賛会が創設。
建設の為の募金が募られ、
明治21年に井伊谷宮の仮殿が移設されて、
田原城出丸跡に創建されました。


社殿」。
白を基調とした社殿。
創建時の社殿は伊勢湾台風により崩壊。
一時的に巴江神社境内に仮遷座した後、
昭和42年に現在の社殿が再建されてます。

■関連記事■
愛知県田原市 城寶寺(渡辺崋山墓所)
 田原市街にある渡辺崋山の墓所。
愛知県田原市 田原城跡
 田原藩三宅家の居城跡。
愛媛県宇和島市 高野長英の隠れ家
 逃亡した高野長英の潜伏地。