愛知県田原市 池ノ原公園

池ノ原公園渡辺崋山が晩年を過ごした場所で、
現在は史跡公園となっています。
崋山は蛮社の獄国許蟄居を命じられ、
ここあった池ノ原屋敷に移住しました。


池ノ原公園」。
池ノ原屋敷周辺は公園化されており、
和室と茶室を備えた池ノ原会館という施設や、
散策路が整備されています。


崋山先生玉碎之趾(左)」碑、
不忠不孝渡邉登(右)」碑。
東郷平八郎揮毫による崋山の顕彰碑と、
崋山が死に及ぶ際に大書した七言絶句の碑。


渡辺崋山幽居邸宅」。
元々は崋山が招聘した農学者大蔵永常の屋敷で、
周辺を農場として実験的に油菜砂糖黍等を、
特産品とする為に栽培していた場所で、
地元では御産物屋敷と呼ばれていたようです。
とはいえなかなか成果は出せず、
崋山の失脚によって後ろ盾を失った為、
田原藩を追われて空き家となっていたものを、
崋山の一家がそのまま蟄居屋敷としました。
屋敷はいつのまにか取り壊されたようで、
この幽居邸宅は復元されたものです。


渡邊崋山」像。
崋山はここで読書や絵を描いて、
畑を耕す毎日を送っていたようですが、
貧しい暮らしであったようです。
座敷にはたまにヘビも紛れ込んだようで、
崋山はその度に胆をつぶしていたという。
師の生活が少しでも良くなればと、
門人の福田半香らは崋山の描いた絵を売り、
生計を助けようとしましたが、
これが身を慎まずに金儲をしていると噂され、
崋山はこれか藩の迷惑となる事を恐れて、
製糖小屋として使われていた納屋で自刃。
良かれと思って弟子がやった事が、
崋山を死に追いやる事になっています。

福田は崋山の死の原因をなった事を生涯後悔し、
死んだら地下で崋山に謝罪すると遺言し、
遺言どおり渡辺家の菩提寺に葬られています。
※東京都文京区の善雄寺

■関連記事■
愛知県田原市 城寶寺(渡辺崋山墓所)
 渡邊崋山の墓所。
愛知県田原市 華山神社
 崋山を祀神とした崋山神社。
愛知県田原市 田原城跡
 田原藩三宅家の居城跡。