萩市 恵美須ヶ鼻造船所跡

明治日本の産業革命遺産 九州・山口と関連地域」で、
世界遺産となった「恵美須ヶ鼻造船所跡」に行ってみました。

世界遺産ってのはどうも胡散臭いなと僕は思っていて、
伊勢神宮出雲大社が登録されないってのも変だし、
富士山が文化遺産ってのも気になるところです。
姫路城だけが登録されているってのもおかしいなと思う。

ユネスコの連中がどれだけ価値をわかってるのか知りませんが、
僕からすれば、国宝や重文の方が全然価値があります。
とはいえ「外人さんでもわかる価値のある遺産」であることは、
間違いないでしょうね。


恵美須ヶ鼻造船所 防波堤」。
恵美須ヶ鼻造船所跡は幕末期に2隻の西洋式木造帆船を建造。
幕府は大名統制の為、大船建造禁止令を制定していましたが、
ペリー来航の嘉永6年に幕府は禁止令を解禁しています。

当時は露海軍将校プチャーチンが伊豆半島の戸田村で、
地元の船大工を使って西洋式木造帆船を建造しており、
長州藩は戸田村に船大工の棟梁を派遣し、
建造に携わった技術者を招いて造船所を建設。

ここで、「丙辰丸」「庚申丸」が進水しています。
丙辰丸は上記のようにロシアの技術で建造されましたが、
庚申丸は長崎海軍伝習所で教わった蘭国の技術が用いられました。

ロシアとオランダという2つの異なる技術による造船を、
1つの造船所で行った例は他にないそうです。


防波堤には、石製のビット(係留柱)が残っています。
海の男が片足乗せてたそがれてるイメージのあれですね。


実際に船が建造されていた「ドック」はこちらです。
スクーネル打建木屋というらしく、建屋があったようですね。

ここで安政3年建造された「丙辰丸」は、
長州藩最初の洋式軍艦となり、
藩主毛利敬親観覧の下で試運転が行われます。
その後、練習艦や大阪との間の輸送船などとして運用。
万延元年には松島剛蔵を艦長として江戸への遠洋航海を実施します。
※この時、晋作も乗り込んでいます。
その際に水戸藩士らとの間で、
幕政改革に関する密約が取り交わされました。
※丙辰丸の盟約。


[丙辰丸」。

また、万延元年に建造された「庚申丸」は、
「丙辰丸」に比べ大型で建造費も約5倍と高額でした。
下関攘夷戦では、米商船ペンブロークなどを攻撃し、
米軍艦ワイオミングの報復攻撃を受けて撃沈。
その後、復旧工事を受けて再就役しています。
※撃沈したものを引き上げたのか?


「庚申丸」。

小倉戦争では、晋作が買った丙寅丸(オテント)、
龍馬が持ってきた乙丑丸(ユニオン)、
ワイオミングの攻撃でも沈まなかった癸亥丸(ランリック)と共に、
長州海軍の5隻の軍艦として活躍しています。

■関連記事■
萩市 萩反射炉
 恵美須ヶ鼻造船所跡と共に世界遺産に登録。
京都府京都市 二条城
 世界遺産「古都京都の文化財」。
島根県大田市 石見銀山
 世界遺産「石見銀山遺跡とその文化的景観」。
群馬県富岡市 富岡製糸場
 世界遺産「富岡製糸場と絹産業遺産群」。
兵庫県姫路市 姫路城
 世界遺産「姫路城」。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。