群馬県富岡市 富岡製糸場

七日市陣屋を訪問する際、乗る電車を間違えてしまい、
上信富岡駅どまりの電車に乗ってしまいました。
※本来は2つ先の上信七日市駅が最寄。
仕方なく上信富岡駅の貸自転車を借りて、
自転車に乗って七日市陣屋まで行ったのですが、
せっかく自転車に乗っているので、
寄り道して富岡製糸場まで行ってみました。


富岡製糸場」。
日本初の本格的な器械製糸工場で、
世界遺産及びその一部が国宝となっています。

開国後の日本の主要輸出品は生糸でしたが、
粗製濫造によって国際的評価が下がる一方であった為、
官営による器械製糸工場として建設されたものでした。

富岡製糸所へ名称を変更、三井財閥への払い下げ、
原合名会社への譲渡、㈱富岡製糸所としての独立、
片倉製糸紡績会社との合併、片倉工業㈱への吸収を経て、
昭和62年まで操業を続けました。

閉鎖後も片倉工業は、富岡工場の維持・管理を続け、
現在の良好な保存状態を保ったようです。
維持費に1億円以上掛かっていたともされており、
片倉工業の文化財保護への取り組みは高く評価されました。

平成17年「旧富岡製糸場」として国史跡に指定され、
その一部が国宝に認定。
平成19年、「富岡製糸場と絹産業遺産群」として、
日本の世界遺産暫定リストに記載。
そして、平成25年に正式に世界遺産に登録されています。

自転車で正面まで来たものの中に入る時間はなく、
正面の写真を撮って退散致しました。
この日はあと3つの藩庁を周る予定でしたので・・・。


龍光寺」。
自転車で移動中に発見。ちょっとだけ寄ってみました。
室町時代後期創建の由緒正しいお寺ですが、
この寺の墓地に富岡製糸場の女工達の墓があるようです。


旧官営富岡製糸場女工の墓」。
30基ほどの女工の墓がありますが、
大きくも小さくもないちょっと古い墓といった感じ。

富岡製糸場では、日祝日、年末年始や夏休みなどが設定され、
医療施設や寮も設けられており、
当時としては好環境の職場でしたが、
チフスの流行で明治34年まで約60人の工女が死去し、
その内の54人が龍光寺に葬られたとされています。

しかし、3年ほど経ったとはいえ、
大河「花燃ゆ」では、楫取素彦美和子と、
直接関係ない富岡製糸場の事が散々語られてましたが、
当の富岡では「花燃ゆ」や文の気配は皆無
まあ当たり前の事ですね。
関係者も全てが楫取の功績のように語られる話に、
富岡市民も困惑した事でしょう。
もちろん楫取は富岡製糸場の存続を、
政府に請願していますので、
関係はゼロではありませんけどね。
少なくとも僕が見た限り「花燃ゆ」や、
文の気配はありませんでした。

■関連記事■
群馬県甘楽郡 小幡陣屋跡
 小幡藩領の甘楽郡では養蚕しない家は無かったという。
京都府京都市 二条城
 こちらも世界遺産。
島根県大田市 石見銀山
 こちらも世界遺産。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。