美祢市 来嶋又兵衛関連史跡

美祢市の南端の厚保町は、栗の産地として有名で、
栗の木に適した土壌を持ち、江戸時代後期より栽培されていました。
大きくて甘いその栗は、厚保栗として現在も盛んに作られています。

その厚保に来島又兵衛関連の史跡があります。
来島又兵衛は、厚狭郡の無給通士喜多村政倫の次男として誕生。
山陽小野田市の厳島神社に誕生地碑があります(記事はこちら)。
初名は亀之進
文武に優れた亀之進を、大津郡の大組士来島政常が養子にしたいと、
来島家の同族の造酒業を営む来島清三郎の長女タケを養女に迎え、
亀之進をタケと結婚させて婿養子としました。

厚保小学校の校庭の北側に来島又兵衛の銅像があります。

贈正四位来嶋又兵衛像」。
人並み外れた体躯で、武芸全般を極めた又兵衛は、
鬼又兵衛」「今清正」と渾名されていたようです。
武芸だけでなく算術にも長け、事務方としても大役を任されました。


世外候養痍隠晦之處」。
井上聞多俗論党に襲撃され、瀕死の重傷を負った後、
妹の嫁ぎ先である来島家で匿われ療養しました。
すでに又兵衛は禁門の変で戦死しており、
跡継ぎの長男亀之進は、藩命で森清蔵を名乗っています。
(禁門の変以降、幕府の追求を避ける為に改名)


来嶋又兵衛旧宅」。
来島邸があった場所は、新しい家が建っていましたが、
その家の玄関先には「来嶋又兵衛遺愛之梅」があります。
小学校プールのある場所が、来島邸の場所だとするHPもありますが、
住民の方に聞いてみると、この場所に間違いないとのこと。
写真はわずかに残されている当時のと、
又兵衛が愛したとされる梅の木

来島邸跡を後にして中国自動車道の南側へ。
そこにある高岡墓地に来島又兵衛の墓があります。
この高岡墓地ですが、地元の人しかわからないような場所で、
かなり荒れ果てた場所でした。
(もちろんキレイにされてるお墓もあります)

山道の所々に墓があるといった感じ。
無縁墓が多いのか、木のしげみと化してる墓がたくさんあります。
探すのに苦労しましたが、一番高い位置(?)に見つけました。


来嶋又兵衛正久之墓 来嶋氏之墓」「森家累代之墓」。
左が来島又兵衛の墓。
京都より持ち帰った遺髪が入っているとされています。
妻のタケも眠っています。
「森家累代之墓」は、又兵衛の長男家のもの。

又兵衛の実子森清蔵の写真が残されていますが、
豪傑なイメージではなく、かなりの男前
又兵衛ももしかするとハンサムだったのかも?
肖像は髭面ですが、当時は髭は流行ってませんし、
我々の想像とは全然別の人物だったのかもしれませんね。

■関連記事■
来島又兵衛
 来島又兵衛について。
光市 光峨嵋山護国神社(遊撃隊の招魂社)
 来島又兵衛の墓碑もあります。
・ 岩国市周東町 通化寺(遊撃軍の本陣)
 来島の死後も遊撃隊は存続。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。