来島又兵衛

後世のイメージですが、来島又兵衛といえば長州の豪傑って感じ。
戦国武将のような豪快でワイルドな容姿を想像します。


肖像もこんなですし・・・。

そういうイメージですので、猪突猛進猪武者なのかと思いきや、
文武両道のお方だったようです。

たしかに体格は大きく、大石神影流剣術大島流槍術鏡心明智流剣術などで免許皆伝
胆力も人より優れ、馬術も神業の域に達していたそうです。

また、関係ないのですが、又兵衛といえば、真っ先に思いつくのは、
残念ながら来島又兵衛ではなく、多くの方は後藤又兵衛基次をイメージされます。
この後藤又兵衛が超豪傑でしたので、イメージが被っている人も多いでしょう。

けれど、来島又兵衛は、算術経理がかなり得意だったようで、
手際よくこなしていたようです。そういう特技がありますので、
自分のお金の管理もきっちりしてたようです。

はい!そこに目をつけたのが尊攘派書生達。
一味の中でも金を集めさせたら右に出る者はいない悪党井上聞多は、
来島又兵衛に金の無心に来ます。

外国公使を襲撃する計画をたてていましたが、
飲み食いの借金を残したままでは、事を成した後で恥となりますので、
来島又兵衛に藩の公金で立て替えてくれと頼みます。
自分達が遊んだ金を何で藩が払わなければならんのかと、当然又兵衛は怒ります。
それはおろか日ごろの放蕩の説教まで始まりました。

しかし悪党井上は、そんなことではへこたれません。すっと一通の封書を差し出す。
その封筒の中を見た又兵衛の顔色が変わる。
馴染みにしている太夫からの手紙(ちなみにニセモノ)でした。

又兵衛は説教した手前、自分も妓楼に行っている証拠を出されグウの音も出ない。
渋々自分のポケットマネーから五十両を取り出し、井上に渡しました。

まあこんなコミカルな逸話を残している来島又兵衛ですが、
尊皇攘夷思想も持つ志士でもありました。

高杉晋作奇兵隊を組織すると、それに呼応して遊撃隊を結成。
文久3年の攘夷戦では、国司信濃の参謀として参戦。
その後、禁裡守衛のため上京します。

しかし、八月十八日の政変で長州藩が追われると、京への出兵を主張。
池田屋事件を経て、禁門の変に突入します。

風折烏帽子に先祖伝来の甲冑を着込み、禁裏まで攻め込んだ勇猛な戦いぶりは、
猛将という称号にふさわしいものでした。

この猛将を倒したのは、後の警視総監の薩摩藩士川路利良とされます。
この人、戊辰戦争で玉袋を銃弾で負傷しても、金玉は縮んでなかったとか、
フランスで汽車の車両から大便を窓から放り投げたとか、
お下劣な逸話がある人です。

その彼が放った銃弾に胸を打ちぬかれ、助からぬと悟って自刃しました。
京都御所には、来島又兵衛が自刃した地とされる清水谷家の椋があります。


清水谷家の椋

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。