来島又兵衛

TⅤなどの後世のイメージなのですが、
来島又兵衛といえば長州の豪傑って感じ?
豪快でワイルドな容姿を想像します。


肖像もこんなです。
そういうイメージですので、
猪突猛進猪武者なのかと思いきや、
文武両道のお方だったようです。

確かに体格は大きく大石神影流剣術
大島流槍術鏡心明智流剣術等で免許皆伝
胆力も人より優れていたようで、
馬術も神業の域に達していたという。

全く関係はないのですが又兵衛といえば、
真っ先に思いつくのは後藤又兵衛基次。
この後藤又兵衛が超豪傑でしたので、
イメージが被っている人も多いでしょう。

来島は算術経理も得意だったようで、
手際よくこなしていたようです。
そういう特技がありますので、
自分のお金もきっちりしていたという。
豪傑のイメージではないですね。
そこに目をつけたのが尊攘派の書生達。
中でも金集めに長けた悪党井上聞多は、
来島に金の無心をしています。
外国公使館の襲撃計画を立てていましたが、
飲み食いの借金を残したままでは、
事を成した後で恥となりますので、
藩の公金で立て替えてくれと頼みます。
遊んだ金を何で払わなければならんのかと、
当然のように又兵衛は怒り、
日ごろの放蕩の説教まで始めました。

悪党井上はそんなことではへこたれません。
一通の封書を差し出し、
その封筒の中を見た来島の顔色が変わる。
これは馴染みの太夫からの手紙。
※ちなみにニセモノ
説教した自分が妓楼に行っているでは、
説得力もなくなってしまい、
渋々身銭から五十両を取り出し、
井上に貸し与えたという。

こんなコミカルな逸話もありますが、
尊攘思想を持つ立派な志士でもありました。
高杉晋作奇兵隊を組織すると、
それに呼応して遊撃隊を結成。
攘夷戦では国司信濃の参謀として参戦し、
その後は禁裡守衛のため上京します。
八月十八日の政変で京を追われると、
失地回復の為に京への進発を主張。
そして池田屋事件を経て、
禁門の変に突入します。
風折烏帽子に先祖伝来の甲冑を着込み、
禁裏まで攻め込んだ勇猛な戦いぶりは、
猛将のイメージにふさわしいものでした。
この猛将来島又兵衛を倒したのは、
後に警視総監となる川路利良とされます。
戊辰戦争で玉袋を銃弾で負傷しても、
金玉は縮んでなかったとか、
フランス遊学中に汽車の車両から、
大便を窓から放り投げたとか、
なんとも下品な逸話がある人です。

その彼が放った銃弾に胸を打ちぬかれ、
助からぬと悟って自刃。
又兵衛の自刃地「清水谷家の椋」が、
京都御所に現在も残っています。

■関連記事■
山口県山陽小野田市 市岐島神社
 山陽小野田市の来島又兵衛誕生地。
光市 光峨嵋山護国神社
 来島又兵衛の墓碑もあります。
美祢市 来嶋又兵衛関連史跡
 来島又兵衛の銅像や墓など。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。