光市 光峨嵋山護国神社(遊撃隊の招魂社)

出張で山口県光市に行きました。
仕事が終わり夕方にホテルに行く途中、
室積にある光峨眉山護国神社に寄ってみます。

赤丸の位置が光峨眉山護国神社。

象鼻ケ岬という文字通り象の鼻のような岬。
光中学校を越えると駐車場があり、
そこからは歩いて行かなければなりません。


遊歩道には八十八体の石仏が等間隔に置かれています。


遊歩道の途中に分かれ道があり、橋を渡ると鳥居があり、
その先は登り道になっています。


階段を登りきると「遊撃軍」と彫られた鳥居があり、
その先に招魂墓が並んでいました。
奥に本殿があります。


光峨眉山護国神社本殿」。
主祭神は来島又兵衛
明治三年、遊撃隊元総督早川渡や元軍監名島小小男
元隊士吉井翁輔が設置委員となり、
遊撃隊を招魂する峨眉山招魂社が創建されました。
禁門の変幕長戦争鳥羽伏見等の遊撃隊戦死者を祀り、
その後、大東亜戦争英霊も合祀されました。


左右に2列招魂墓が並びますが、遊撃隊の戦死者は後列。
前列は大東亜戦争の英霊を新たに建立したもの。


来嶋又兵衛源政久神霊」。
本殿から見て左手後列の先頭が来島の墓碑。

この遊撃隊の招魂場は山口県で最期に創建された招魂場で、
光峨眉山護国神社となってからも、
昭和60年代まで英霊を合祀していた招魂社でした。

■関連記事■
山口市 朝日山招魂社
 八幡隊の招魂社。久坂玄瑞、吉田稔麿などの墓碑もあります。
山口県熊毛郡 麻郷護国神社
 上関宰判によって創建された招魂社。
下松市 下松護国神社
 都濃宰判によって創建された招魂社。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。