山口県山口市 赤妻神社

山口市赤妻町にある「赤妻神社」と呼ばれる謎の神社。
googleMAPにもカーナビにも記載が無く、
ネット上に記載される住所のほとんどが間違っており、
手がかりは長州史跡関連のブログの訪問記事のみ。
※2020/11/22時点でgoogleMAPの記載確認しました。

「赤妻神社」は「錦小路神社」ともいわれるようですが、
どっちが正式な名前なのかわかりません。
※錦小路神社が正式らしいのですが、
 毛利家文庫では赤妻神社となっている。

安加都麻神社」とも呼ばれるらしい。

七卿の一人錦小路頼徳広沢真臣の墓がある神社なのに、
地図にも載っていないのは何故なのでしょうね。

で、今回行ってきましたので、
ちゃんとした場所を記載します。

住所は山口県山口市赤妻町17


新興住宅街の端にあり地図に載っていないので、
廃墟のような場所かと思われそうですが、
地元の方々によって整備されているようです。


赤妻神社社殿」。
祭神は記載されてはいませんが錦小路頼徳を祀る神社で、
分類的には中山神社と同じく個人を祀る招魂社
錦小路頼徳は廷臣八十八卿列参事件や、
関白久我建通の弾劾に関与しており、
八月十八日の政変によって失脚。
三条実美らと共に長州に落ち延びます。
下関滞在時の砲台視察中に倒れ、
白石正一郎邸に運ばれましたが病死しました。
遺骸は湯田の龍泉寺に運ばれ葬儀が行われ、
藩主毛利敬親が喪主を務めてここに葬られます。


贈正四位丹波頼徳朝臣墓」。
墓碑に「贈正四位」と記されていることから、
当時の墓碑ではないのでしょう。
墓石の後ろの自然石の記念碑は「贈正四位錦小路君碑銘」。
明治3年に三条実美らが建立したもの。
篆額は三条実美、碑文は加藤有燐、書は長三洲です。

加藤有燐は試撃行で晋作が訪問した笠間藩の儒学者で、
長州藩に召されて明倫館で教鞭を取っています。

さて、ここには広沢真臣の墓もありました。
本墓は東京の世田谷にありますので、
こちらは分霊墓となります。

参議贈正三位藤原朝臣真臣卿墓(右)」。
故参議廣澤真臣卿室廣澤氏墓(左)」。
広沢真臣は幕末時は波多野金吾と称しており、
政治よりと実務を担当していたようで、
正義派と俗論派で分けても中間派であったようです。
晋作のクーデターで正義派政権が樹立すると、
政務役として藩政に参加しますが、
これは実務能力を買われたのでしょう。
その際、藩命により広沢兵助と改名しています。
薩長同盟幕長戦争の講和など、
正義派政権での対外交渉に能力を発揮し、
新政府でも要職を歴任しました。
しかし明治4年に富士見町の私邸で、
何者かに暗殺されてしまいます。

暗殺の下手人ですが、苛烈な捜査にもかかわらず、
特定には至らず真相は謎のまま。
結局、日本警察の迷宮入り事件第一号となりました。
幕末維新最大のミステリーは龍馬暗殺事件ではなく、
広沢真臣暗殺事件です。

広沢夫妻の墓が何故この赤妻神社に分霊されたのか?
錦小路頼徳との接点もそんなにない。
この墓が崖を向いて立っているのも謎。

謎、謎、謎・・・・「赤妻神社」は謎の宝庫でした。

■関連記事■
下関市綾羅木 中山神社
 招魂社ですが赤妻神社と同じく祭神は中山忠光一人。
東京都世田谷区 世田谷松陰神社(再訪)
 広沢の本墓は松陰神社に隣接。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。