高杉晋作漫画考

高杉晋作っていう人は、あまり漫画の主役になってませんねぇ。
僕が考えるに晋作は、赤レンジャーではなく、青レンジャーだからではないでしょうか?なんのこっちゃと思われる方もいらっしゃいますでしょうが(ほぼ全員?)、要はかっこよすぎるからですね。

主役というのは、あまりかっこよすぎてもいけない。
熱血漢で愛嬌があり、時には苦悩し、人間的な弱さが垣間見られて、数々の人々との出会いと別れで成長を遂げる。
そして最後に偉業を成し遂げる。
こういうのが主役として理想なのでしょうね。
幕末では坂本龍馬がちょうどいい。

物語では、主役だけでは成り立ちませんので、キーとなる登場人物が必要です。
1)悪の親玉やライバル
2)ヒロインや憧れの人
3)主役の子分的な人
4)師匠的な人物
5)ニヒルな味方、もしくはニヒルな敵

晋作は5)に入りますね。
坂本龍馬が主人公の漫画には、ほぼ5)の様な役回りで登場しますし、新撰組等をテーマにした作品の一部にもニヒルな敵役で登場しますね。

・・で、かっこいいとは言いましたが、ここで言うかっこいいとは、人間的要素(行動・正確・偉業・趣味・そして若くして亡くなった事)であって、顔が男前だというわけではありません(不細工でもない)。

一般に知られる↓この肖像ですが、

人によっては、男前、渋い、クールと印象を受ける方もいらっしゃいます。
また、馬ヅラ、目が細い、変な髪形などの印象を受ける方もいるでしょう。
要するに意見の分かれる要旨ですね。

とはいえ、漫画は漫画的手法というのがありますので、作品によっては主要人物は全て美形というのも珍しくありません。ただ、面白いのは、晋作は漫画ではほぼ100%男前に描かれているということです。
こういう歴史上の人物は織田信長高杉晋作以外いないのではないでしょうか?
※作者の絵のセンスもありますので、他の登場人物との比較です。

ということで、ネットから拾い出した漫画の高杉晋作をご紹介!

 「お~い龍馬 
「百花春風抄」
「るろうに剣心」
「ばくだん 幕末男子」
「SHIDO/士道」
「あかね色の風」
「銀魂」
「薄桜鬼」
「学研漫画 高杉晋作」

結構知らないのありますねえ。
他にもっと面白い晋作を知ってる方は教えて下さい。

■関連記事■
「SIDOOH/士道」高橋ツトム
 晋作とは似つかないながらガッツリ晋作です。
「ちるらん」を読んだら晋作がGODだった・・・
 新選組を題材にした漫画「ちるらん」の高杉晋作。
「陽だまりの樹」手塚治虫
 晋作は出てきませんが名作です。
「ばくだん!~幕末男子~」加瀬あつし
 幕末版のカメレオン。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。