下関市大平町 了円寺(小倉戦争戦死者の墓)

了円寺は、功山寺挙兵新地会所を襲った後、
反乱軍が駐屯した寺として知られ、
本堂にはその時に付けられた刀痕が残っています。


了円寺本堂」。
本堂は当時のまま。
本堂の柱に残された刀痕は、見事な二太刀の痕で、
ある程度の剣技を持つ者が残したものとされています。

今回はその事ではなく、
了円寺の墓地にある長州兵らの墓について。
墓地には小倉戦争で戦死した3人の墓があります。

本堂の真裏に3基並んでおり、
簡単に見つける事ができます。


秋枝庄太郎墓」。
毛利左門家臣で、赤坂の戦いで負傷して戦病死。
この毛利左門の家臣らは、元々先大津宰判屯集の兵で、
決戦にあって後方での任務を良しとせず、
毛利左門以下50名が無断で参戦志願に来たのですが、
援軍が必要な場合は直ちに呼ぶと帰らされた部隊で、
その志願の甲斐があってか、
第三次上陸作戦(赤坂の戦い)で呼ばれています。


山崎四方七昌實墓」。
長州軍艦癸亥丸艦砲司令
田野浦上陸戦の際、癸亥丸は上陸部隊を支援しますが、
門司側の砲台からの反撃により直撃を受けて損傷。
山崎はその時に即死しています。


山城平吉政久墓」。
周防国山代出身の奇兵隊士で、赤坂の戦いで戦死。
赤坂の長州奇兵隊戦死墓(記事はこちら)には、
彼の名前が刻まれています。

この3人は小倉戦争での戦死者というだけで、
出身地も、部隊も、身分も違います。
何故この3人だけ、ここに墓があるのかわかりません。

■関連記事■
下関市吉田 常関寺(小倉戦争時の野戦病院)
 子供の時に連れて行ってもらった場所に連れて行きたくなる。
福岡県北九州市 小倉城
 小倉藩小笠原家の居城。
下関市長府 功山寺~安岡の独眼竜下村文次郎の墓所
 大里の戦いで戦死した報国隊士の墓。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。