必殺仕事人ワイド 大老殺し 下田港の殺し技珍プレー好プレー

僕の小学校時代の時代劇といえば、水戸黄門暴れん坊将軍
遠山の金さん銭形平治大岡越前・・色々思い出されますが、
その中で異色だったのはやはり「必殺シリーズ」でしょう。

小学生の僕らは、その多彩な殺し技をマネしてましたが、
やはり人気は三味線屋勇次飾り職人の秀でしょう。
僕も三味線の糸を口にくわえて引っ張るのを真似ていました。
もちろん三味線の糸なんて無いので黄色の釣糸でしたが・・。

それはさておき、この「必殺シリーズ」ですが、
色物の時代劇で、多彩な技は現実には、物理的に不可能だし、
時代もシリーズによって、元禄だったり、天保だったり、
そして幕末だったりします。
もちろんそんなことは小学生の僕には、
わからなかったんですけどね。

さて、そんな必殺シリーズですが、
みよちゃんの観るDVDを借りようとゲオに行った際、
ふと目に入った「大老殺し」の文字。
大老殺しって事は桜田門外の変モノだなと手に取ってみると、
なんとそれは必殺シリーズでしたので、
ディズニーと一緒に借りてみました。


大老殺し」という物騒なタイトルに、
下田港の殺し技珍プレー好プレー」というサブタイトル。
色物の雰囲気がぷんぷんしますね。

アメリカ総領事ハリスを慰労するということで、
日米対抗ベースボール大会が開催されることが決定。
この時点で日本野球史を無視した設定なのですが、
それを仕切るジョン万次郎を演じるのは江夏豊
そのベースボール大会の日本代表監督に選ばれたのが、
われらが中村主水というわけです。

一方、米国との貿易による損失を恐れた御用商人達は、
主水とは別の仕事人達にハリスの暗殺を依頼。
その仕事人のリーダーは「何でも屋の加代」さん。
この「何でも屋の加代」は、レギュラーシリーズでは、
どちらかというとコメディ担当なのですが、
今回はシリアス担当のようです。

加代らの仕事人グループは、主水のチームに参加。
ベースボール中の事故を装ってハリスを殺そうとします。
彼らは大老井伊直弼の命を受けていたのですが、
井伊はハリスを殺して米国を怒らすのはまずいと、
暗殺の指示を撤回し、地獄組に仕事人抹殺を依頼。
加代に直接中止命令出せばいいのにね・・・。

で、加代の部下らは地獄組に殺られてしまうのですが、
この地獄組の首領鉄眼は、ロケットパンチを発射し、
目から謎の光線を出すというアンドロイドのようなお人。
加代は逃亡して主水ひとりとなってしまう。

前後しますが、主水は下田でハリスの女中となり、
いわれない差別を受けたお吉と知り合っています。
地獄組の襲撃より2年後、お吉と再会した主水は、
お吉を不幸にした張本人が井伊直弼であると確信し、
レギュラーメンバーと共に大老殺しに乗り出します。

・・と、まあなんともすごいストーリーでしたね。
最近の脚本家が史実に沿わない脚本作ってたりしますが、
これくらい潔いハチャメチャぶりのほうが、
観ていてもイラつきません。

■関連記事■
憑神
 3人の憑神に憑りつかれた男の話。
武士の家計簿
 加賀藩のそろばん侍の幕末。
幕末太陽傳
 石原裕次郎が高杉晋作を演じています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。