長門市油谷 二尊院

の9代皇帝玄宗は、開元の治と呼ばれる善政で、
輝かしい繁栄の時代を作り出しましたが、
息子の妃を見初めてこれを奪って寵愛したことから、
国を傾けることになってしまいます。

その妃というのが楊貴妃で、
中国四大美人世界三大美人に数えられる女性。
玄宗は楊貴妃を寵愛しすぎて政治をおろそかにし、
楊貴妃の親族を高い役職に就けるなどしました。

又従兄の楊国忠が宰相として実権を握った事により、
国は乱れて、それに反発する安禄山が武装蜂起。
安禄山の軍は次々と唐軍を破り、
玄宗、楊国忠、楊貴妃は蜀へ逃れます。
その道中で楊国忠は将士達によって殺害され、
その親族も悉く殺されました。
将士達は楊貴妃の死も求め、玄宗は楊貴妃に自殺を命じ、
楊貴妃は縊死させられてしまいます。

これが安史の乱と楊貴妃の簡単な概略なのですが、
楊貴妃はどういうわけか難を逃れ、
船で日本に渡ったという。

向津具むかつくと読む)半島の二尊院に伝わる古文書に、
唐土玄宗皇帝の愛妃楊貴妃なるもの、空艫船にて、
 当村唐渡口という地へ漂着。 まもなく死去したまいぬれば、
 里人相寄、当寺院境内に埋葬
」と書かれているらしい。
二尊院には楊貴妃の墓と伝わる五輪塔があります。

油谷湾周辺(二尊院の場所)

ここを訪れたのは、楊貴妃が目的ではなく、
吉田松陰が北浦巡視で、
二尊院下台場」を視察しているからです。

二尊院参道の石段。
「二尊院下台場」というからには、
二尊院の下にあるのでしょうが、
このあたりには民家が立ち並んでいますので、
遺構は全く無いようです。

この時点で今回の目的は終了なのですが、
せっかくなので、
世界三大美女楊貴妃ゆかりの寺に参拝します。

二尊院本堂楊貴妃像」。
中国陝西省興平市馬嵬にある楊貴妃像と同様の大理石像
像の高さは3.8mで、
楊貴妃の享年38歳にちなんでいるという。


境内は中華風の東屋やトイレがあります。
周りは普通の漁村なんですが、
この寺だけ中国の様でした。


楊貴妃の墓」。
これが楊貴妃の墓と伝えられる五輪塔
本当に楊貴妃かどうかはわかりませんが、
船で漂着した楊貴妃を名乗る女性が、
ここに葬られたというのは、
しっかりと寺の記録に残っているので、
間違いないのでしょう。

この場所は油谷湾内を向いていますので、
二尊院の下に造られた台場は、
油谷湾に入った敵船への攻撃が目的と思われます。
結局、長州藩領内に無数に造られた台場と同じく、
一度も火を噴く事もなく、
いつの間にか解体されていったのでしょう。

この帰り道、ホテル楊貴館日帰り温泉に入りました。
油谷湾温泉美人の湯と呼ばれるトロトロの湯です。
温泉総選挙2017うる肌部門で第1位だったらしく、
帰りの車内で顔を触るとツルツルになっていました。
44歳のオッサンの肌をツルツルにする美人の湯。
凄いですよ・・。

■関連記事■
山口県長門市 泊台場跡
 向津具半島の先端にある油谷島に設置された台場跡。
長門市青海島 通浦(古式捕鯨の町と台場跡)
 古式捕鯨で栄えた町とそこに設置された台場跡。
山口県長門市 先大津宰判勘場跡
 先大津宰判の勘場跡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。