佐賀県唐津市 唐津城

唐津城唐津湾に流れる松浦川左岸にある唐津藩の藩庁。
唐津湾に突き出た満島山の頂上に本丸、
その西側に二の丸、三の丸を配した連郭式の城郭で、
河口を利用した萩城と似たような造りをしています。

本丸の東側には、全長約4.5kmの巨大な松林があり、
100万本の黒松が唐津市街を北風から守っています。
この松林が有名な「虹の松原」で、
全国の海岸には防風林として松は植えられていますが、
未だこれだけの規模の松林が残っているのは珍しく、
三保の松原」「気比の松原」と共に、
日本三大松原と呼ばれています。

元々は寺沢家が唐津藩主だった頃に造られた防風林で、
小規模の自然林に植林したもので、
藩はこの防風林の重要性を認識しており、
その保護の為に、林の松を伐採した者は死罪という、
非常に厳しい掟もありました。

唐津市街周辺。googlemapより。
唐津湾沿いの緑の巨大な林が「虹の松原」です。


虹の松原」。
巨大な松林の真ん中に道路が造られており、
車で通る事ができます。
どこまでも続く松林を抜けるには、
車で不通に走っても5分以上掛りました。
「虹の・・」という名前の由来は、
海岸線に沿って湾曲する姿が虹の様だとも、
二里」がなまって「虹」になったとも云われます。
※2里は7.85kmなので、現在はそこまでありません。
 昔はあったのかもしれませんが・・。



唐津城 遠望」。
虹の松原を抜けると、松浦川対岸に唐津城が見えます。
元々は松原のある東側と陸続きだったようで、
河口は山の南側を通って海に流れていましたが、
初代唐津藩主寺沢広高が、東側を掘って河口を形成し、
西側の河口を埋め立てて城下町を形成したようです。

この寺沢広高は、土木事業に長けた藩主だったようで、
唐津の城下町の基礎は、広高によって固められました。
しかし、残念ながら広高の次代寺沢堅高は、
天草の乱の失政を問われたことを苦に自刃したため、
継嗣のいなかった寺沢家は断絶してしまいます。


「唐津城天守」。
お城と桜のコンビは最強です。
残念ながら当時の唐津城には天守は無く、
この天守は実際には存在しなかった模擬天守
藩や幕府などの資料に、天守の存在は確認されず、
天守台が造られたのみだったとされます。
現在の天守閣は観光施設として造られたもので、
慶長期の様式で建築されました。

模擬天守に価値はないという方もいらっしゃいますが、
やはり天守は城のシンボルですので、
あるのとないのとでは、随分と景観が違います。


舞鶴公園」。
本丸のある満島山一帯は「舞鶴公園」として整備され、
この230段程の石段を登ると本丸に行けるのですが、
有料(100円)のエレベーターもあります。

「舞鶴公園」という名は、お隣の福岡城跡とも一緒。
唐津城は「舞鶴城」の別名があるのですが、
「舞鶴城」の別名を持つ城は、全国に16もあります。
風雅な言葉ですので、使われやすい名前なのでしょうね。


藤棚」。
石段を登った先にある総締門跡には、
大規模な藤棚が造られていました。
唐津城は藤も有名な城で、
季節には見事な紫藤が見られるようです。
唐津市の天然記念物。


本丸内は花見客が宴会していました。
本来はもっと広いのですが、修復中で少し狭く、
現在はこじんまりとしたスペースです。


本丸から「虹の松原」を望む。


天守近影」。
模造天守であろうがなんであろうが、
天守と桜は絵になるのは間違いない。、
僕のボロスマホでもある程度の写真が撮れました。

模造天守や「虹の松原」に目が行きがちですが、
実は唐津城の真骨頂は、二の丸、三の丸にあります。
主要部分の本丸は観光地化しておりますが、
二の丸跡や三の丸跡には多くの石垣が残されており、
主要部分以外でこれだけ残っているのは珍しい。
また、町を散策しても多くの遺構が見つかるとのこと。
特に海岸部分の石垣がよく残っているらしい。
残念ながら今回は時間が無かったので、
本丸の「舞鶴公園」のみの訪問となりました。

寺沢家が断絶したあと、明石藩より大久保忠職が入封。
次代の大久保忠朝の代に佐倉藩に移封となり、
佐倉藩より大給松平家松平乗久が入っています。
3代続いて松平乗邑鳥羽藩へ移封となり、
入れ替わりに土井利益が鳥羽藩より入封。
4代後の土井利里古河藩に移封となって、
岡崎藩より水野忠任が入封しました。
天保の改革で知られる4代水野忠邦は、
唐津藩から岡崎藩への転封を自ら願い出たため、
代わりに棚倉藩より小笠原長昌が入封し、
その後は忠知系府中小笠原家が5代続いています。

幕末の唐津藩といえば、
世子のまま老中となった小笠原長行
長行は初代藩主小笠原長昌の長男でしたが、
幼少であったために養子が継ぎますが、
2代、3代と短命の藩主が続いて、
4代小笠原長国の時代に成人しています。
長国は正当な系譜である長行に実権を譲り、
長行は中央へ出て順調に出世して老中に就任。
生麦事件で賠償金10万ポンドを、
独断で英国に支払ったのは長行でした。
京都への武力制圧を図って、一時老中を罷免されますが、
慶応元年に再び老中となり、長州征伐を主導。
第二次長州征伐小倉口総督となりますが、
諸藩兵を上手く束ねることが出来ず、
将軍徳川家茂の薨去を機に戦線離脱しています。
その後、外国事務総裁に任じられますが、
鳥羽伏見の戦いで幕府軍が敗れると、
徹底抗戦を主張し、恭順決めた慶喜に遠ざけられて老中を辞任。
唐津藩主長国は長行との養子関係を義絶し、新政府に恭順し、
奥羽越列藩同盟が結成されると板倉勝静と共に参謀となり、
会津陥落後に仙台から蝦夷へ向かいました。
蝦夷共和国政権には参画せず、箱館戦争中に米国船で脱出。
一時行方不明となっていますが、
その後、長行は明治5年に明治政府に自首。
駒込に隠棲して明治24年に死去しました。

また、長行の義弟で2代藩主小笠原長泰の子三好胖も、
上野戦争会津戦争と転戦した後、長行と共に蝦夷へ赴きました。
彼は箱館新撰組に入隊し、峠下の戦いで戦死していますが、
彼や長行に随従した唐津藩士の多くも新撰組に入隊しており、
唐津市内には箱館新撰組隊士の墓所が多くあります。

【唐津藩】
藩庁:唐津城
藩主家:忠知流府中小笠原家
分類:6万石、譜代大名

■関連記事■
佐賀県唐津市 高徳寺(奥村五百子誕生地&墓所)
 唐津の女傑奥村五百子の誕生地と墓所。
試撃行日譜①
 唐津藩士大野又七郎は高杉晋作の友で、旅立つ晋作を見送っています。
福岡県北九州市 小倉城
 隣藩で同族の小倉藩小笠原家の居城。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。