試撃行日譜①

①//////

このブログ「試撃行」のタイトルは、
高杉晋作の遊学日記「試撃行日譜」より拝借しました。

そういうわけで「試撃行日譜」を取り上げねばと思いつつ、
現在に至っておりましたが、
松陰の遊学日記を2回も取り上げたことですし、
次は晋作のものをということで、
「試撃行日譜」について触れたいと思います。

丙辰丸での江戸までの航海演習を終え、
航海術は向いていないと投げ出した晋作は、
そのまま早々に萩に帰ったのでは、
藩主や萩の人々に会わせる顔が無いと、
江戸での遊学許可を申請しました。
しかし、藩の許可がおりる前に、父より帰郷の催促があり、
仕方なく帰る事になります。
どうせ帰るなら諸国に寄り道して見聞を深めたいと、
藩政府に申請すると、あっさり許可が下りました。
そこで勇んで出発し、北関東信州北陸方面を遊学し、
2か月余をかけて萩に帰ります。
この道中の事を記した旅日記が「試撃行日譜」でした。

晋作はこの旅を「奇士偉士をたずねること」を目的とし、
具体的に加藤有隣佐久間象山横井平四郎吉村秋陽を挙げ、
彼等に教えを乞い、名山や大川を見て、詩や歌を詠じ、
諸藩の藩校を訪ね、試合し討論する。そして自分の英気を養い、
航海修業を投げ出した罪を償おうというわけです。

そうは言っていますが、
松陰が生前に全国を遊学している事を知っているので、
自分もそのような旅をしてみたいと考えたのではないでしょうか?
そんな気がしますね。


試撃行の道筋1

①8月28日。早朝。
桜田藩邸の義父井上平右衛門の部屋を訪れ、出発の挨拶。
友人に送られて出発。
※やはり義父への挨拶は必要でしょうね。
 特に新婚なんですから。
 「できるだけ早く帰ります」とか言ったんでしょう。


浅草の酒店に入って、別れの杯を交わす。

小塚原にある松陰の墓に参って出発を報告。
千住へ向かう道中、馬を駆って武士がやってきて、
見ると桂小五郎であった。
出発を見送るつもりだったが公務で遅れてしまい、
急いで駆け付けたのだという。
※馬に乗って追いかけて来るなんて、
 なんともドラマチックですね。こういう事するから、
 桂は兄貴分として慕われたんでしょう。

④千住に到着。ここで送ってくれた友人と別れ常州街道を進む。
中川を渡って新宿駅で宿泊。
※友人との涙の別れ。まあ当時は旅先で死んじゃうこともあったし、
 今の旅行のお見送りとは全然感覚が違ったんでしょうね。


見送ってくれた友人は、
唐津藩士大野又七郎、長州藩士桂小五郎、久坂玄瑞
楢崎弥八郎南亀五郎三浦音祐で、
皆、親しい真の友人である。
※長州藩士達に交じり、一人だけ唐津藩士の大野又七郎。
 昌平坂学問所で知り合った学友で、ウマが合ったようです。
 
後の小倉戦争で唐津藩は長州藩の敵となり、
 晋作は敵側の総司令官となるわけですが、
 大野は昔の友人をどう思っていたのでしょうか?
 (小倉戦争時の大野の所在は不明)
 その後、
小笠原長行に従い、箱館戦争に従軍しています。
 実はこの人。
新撰組に入っちゃってるんですね。
 会津で
土方歳三に会って共鳴し、
 仙台で同志23人と新選組に加わり頭取となり、
 
陸軍奉行添役として二俣口で奮戦。
 土方の最期の戦いにも参加しています。

続く。

①//////

■関連記事■
松陰の北浦巡視①/////
 嘉永2年の北浦巡視の行程。
松陰の九州遊学①////////
 松陰は平戸の葉山左内に教えを請う為、九州を遊旅しています。
伊庭八郎の征西日記①////////////
 伊庭は講武所剣術方として徳川家茂上洛に随行。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。