試撃行日譜②

続き。
/②/////


試撃行の道筋2

①8月29日。早朝出発。
松戸駅で一月寺を見る。
「一月寺 所謂  僧寺也」
 一月寺 いわゆる(空白)僧寺なりと、
 晋作は記しています。一月寺は、普化宗金先派総本山で、
 空白は「虚無」のが入ると思われますが、
 あえて空白にしたのは、虚無僧は幕府の隠密や、
 無頼の徒が変装することもあったので、

 差別的な隠語を入れる気だったのかも?

小金駅に看板が立っていた。
ここは水戸候が鷹狩をする場所である
徳川斉昭が冤罪を被った際、水戸藩士数人が江戸へ向かい、
幕府を正そうとして同藩士に制止され、
慷慨義憤のあまり切腹したということを思い出し、
ここを通過する時に自分もそうありたいと感涙する。
戊午の密勅に関連した小金屯集での事と思われます。
馬を借りて乗る。気分が良くなって詩を吟じれば、
馬子がそれに合わせて歌う。旅先での楽しい出来事だった。
※なんとも微笑ましく風流な情景です。
 こういう感性は松陰の書にはありませんね。

安彦駅で馬を下り食事を取る。
利根川を渡って進み、藤代駅に到着。
※「安彦」駅は「我孫子」駅の事。

藤代駅を過ぎて歩いていると、旅の一行が声を掛けてきた。
牛久まで二里ですが、近道なら一里ちょっとで行けます。
一緒にいきませんか?
」というので同行する。
小渓を進んで13~4丁行くと、牛沼という湖が見えた。
渡舟料を払って渡舟に乗って進み、牛久駅に到着。宿泊する。
※旅の一行がどういう身分の人間かはわかりませんが、
 武士ではないでしょう。

 間道は物騒なので、武士の晋作を誘ったのかも?
このあたりは山口筑前守(牛久藩)の領地。
人家は他の駅と比べて、一番廃れているようだ。
小藩の政事は、領地の隅々までは行き渡らないようである。
※牛久藩は1万石の小藩。実は藩主の山口家は大内氏の末裔で、
 大内氏はもともと長州藩の領地である周防・長門の大名でした。
 晋作の主家である毛利家が滅ぼした一族の末裔であるとは、
 たぶん晋作はそこまでは知らなかったのでしょう。

この夜、雨が降りだし、宿に宿泊する旅人が雨具の用意をしている。
宿の者は「秋時雨は夜に必ず振りますが、朝には止みます」と言った。

続く。

/②/////

■関連記事■
松陰の北浦巡視①/////
 嘉永2年の北浦巡視の行程。
松陰の九州遊学①////////
 松陰は平戸の葉山左内に教えを請う為、九州を遊旅しています。
伊庭八郎の征西日記①////////////
 伊庭は講武所剣術方として徳川家茂上洛に随行。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。