伊庭八郎の征西日記①

①////////////

伊庭八郎といえば隻腕の剣士として知られます。
僕自身が彼を知ったのは中学時代。
年末時代劇スペシャル「五稜郭」で、
舘ひろしが演じたもので知りました。

ストイックニヒルで、己の信念に殉じる悲劇の剣士。
僕の中ではそんなイメージの人物でしたが、
そのイメージを覆すような日記が残されています。

それが「伊庭八郎征西日記」。
元治元年1月に、
伊庭は講武所剣術方として徳川家茂上洛に随行し、
その際の日記を友人の中根淑が伊庭の死後にまとめており、
当時22歳であった若き日の伊庭を知るうえで、
大変重要な資料となっています。

この日記には、後に壮絶な生き様を見せる伊庭からは、
想像もできないようなのどかな日常が綴られており、
特に食事に関しては、細かに記録されているのが特徴で、
グルメ日記」とも称されています。

正月14日。
無事に大津に到着する。
※いきなり始まります。
 吉田松陰高杉晋作長州人の日記のように、
 今から始めるぞ的な高揚感はありませんね。

正月15日。
明け方、上様を伏見にお迎えに上がり、お供して二条城へ。
見物人が蜂のように群がりっていた。
父上が泊まる旅宿に行って挨拶した後、
佐田桂次郎殿の旅宿に同宿。
同18日に父上と御一緒の宿に泊まる事になった。
宿は二条所司代屋敷北定番組屋敷鈴木重兵衛の宅。
この家は馬術の師匠という。
※伊庭の父伊庭軍兵衛秀業は、先に講武所方として在京中。

正月21日。
上様は一橋殿、尾州候ら大名30騎程の行列で参内。
講武所方は御道固めを行い、奥詰衆は御供する。
我々は夜九ッ時頃に宿戻る。
その後、北野天満宮大社金閣寺を参拝。
金閣寺は足利義政の建てた寺で見どころは多い。
その後、御城代屋敷の後ろにある澤甚を食べる。
ここは都で一番である。
※華々しい将軍の御所参内ですが、
 警備が終わるとさっさと京都見物
 大社はよくわかりませんが、
平野神社らしい。
 京都名所を見学した後、

 澤甚という店で鰻を食べ、都一番と絶賛しています。

正月27日。
本日の参内は忠内氏配下の5人余りが御供で、
我々の組は不参加。父上は御供に参加。
不破の稽古場で稽古することとなり毎日通う。
ここで服部貫之助金澤新七郎に会った。
青木良助殿が息子二人と共に重詰物を持参。
息子らに100疋竹刀料として渡す。
長徳院天王寺かぶ千枚漬けを持ってきた。
山村勘六殿が酒を持ってくる。奥詰、講武所の者は毎日来た。
※忠内氏は後の陸軍奉行添役、遊撃隊頭取の忠内次郎三か?
 不破の稽古場はどこなのかよくわからない。
 息子らにあげた竹刀料はお小遣いですね。

2月1日、2日。
虫歯で稽古を3日休む。
※虫歯で稽古休むって・・・・。

2月3日。
御室街道で出火があった。

2月4日。
御城勤めの始まり。4日に1日の出勤。
御所近辺を拝見。下鴨明神へ参拝し、梅花を見物。
植木屋で休んで酒を飲む。このあたりの景色は素晴らしい。
帰り道、鴨川のあたりで鰻を夕飯に食べた。
金串なので味が悪い。この店は川魚が名物らしい。
※4日に1日の出勤・・・いいなぁ~(笑)。
 鴨川あたりに店の鰻が、金串で不味かったようです。
 鰻は竹串がお好みのようですね。

つづく。

①////////////

■関連記事■
試撃行日譜①//////
 高杉晋作が萩に帰るついでに遊学した行程。
松陰の九州遊学①////////
 松陰は平戸の葉山左内に教えを請う為、九州を遊旅しています。
白石正一郎のお伊勢参り①/////////
 白石正一郎のお伊勢参りの行程。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。