伊庭八郎の征西日記⑬

つづき。
////////////⑬

6月16日。
朝。五ッ時頃、土山宿を出立。
坂ノ下より関宿へ九ッ時に到着。
三郎は病気で難儀している様子。関宿に一日泊まる。
忠内氏に手紙を出す。宿は粗末。
亀山藩山崎氏から伝言があり、返事を出した。
※三郎の病は良くないようですね。
 山崎氏というのは、
山崎雪柳軒という亀山藩士で、
 伊庭の父、
伊庭秀業の門弟。

6月17日。
関宿を朝五ッ半時頃に出立。
途中まで山崎氏と大津氏が迎えに来て、
すぐに山崎氏の御宅に行き、色々と御馳走になったほか、
医者までお世話して下さった。葛輪氏にお目にかかり、
淡成斎様より厚くお世話を受けて御菓子まで頂いた。
夕刻、山崎氏の御宅を出て、
城下町の柏屋と申す飯屋へ泊る。
斎内という医師を殿様より紹介頂き、
その他にも皆々様が来て、堀池柳外殿もお見舞いに来た。
※伝言は亀山城下の自宅に寄ってくれというもの。
 師の子息に厚い持て成しをしたようですね。
 葛輪氏は山崎氏の弟子のようですが、

 淡成斎様がよくわからない。
 山崎氏は亀山藩の剣術師範のようですので、
 殿様を含めた亀山藩総出のおもてなしを受けています。

6月18日。
晴れ。暑くて難儀。宿へ宿泊代1朱渡す。お医者も来て、
御一同から色々お見舞い頂いた。
山崎氏、大津氏は、日に3~4回御出でになり、
夜には斎内氏も来た。一本杉の薬を頂く。
※超VIP待遇ですね。一本杉の薬って何でしょう??

6月19日。
曇り。今日も菓子を頂いた。
三郎の不快は少々マシになった様子。
朝、斎内氏が来た。
夕刻、山崎氏と共に御城内の御稽古場に出席。
帰宅後、山崎氏が酒と肴を持ってきた。堀池氏も来る。

6月20日。
晴れ。早朝に稽古場に出席。
医者の斎内氏が2度診て、他の御医者も一人来た。
三郎の様子は大いに良し。
堀池柳外殿が煮豆を持ってきた。
源蔵と申す人が鮎を持ってきた。
忠内氏の手紙が岡崎から来た。
※三郎の病気も良くなった様子。
 一本杉の薬と医者2名が効いたのでしょうか?

6月21日。

晴れ。早朝に稽古場に出席。
昼後、山崎氏と共に堀池柳外殿を訪ね、
御馳走を頂戴して夕刻に帰る。
三郎の具合は大いに良く殿様からも金100疋を頂戴し、
更に滞在中の賄いも下さるとの事。

6月22日。
晴れ。早朝に稽古場に出席。
昼後、三木助三郎殿が江戸表から戻ったので、
会いに行って菓子を貰った。日々、藩中より見舞物を頂く。
源蔵と申す人が駕籠を修理に来た。
山崎氏宅に行って夕食を御馳走になる。
帰り道に堀池氏宅に行った。
※源蔵と申す人・・たぶん武士階級ではないのでしょうね。

6月23日。
早朝に稽古場に出席。
昼後、大津氏やその他の藩士達と共に、
泉川に鮎を獲りに行ったが全然獲れなかった。
帰りの道中百性屋にて夕飯を食べる。夜五ッ時頃に帰宅。
※何度か魚を釣ったり獲ったりしようとしていますが、
 いつも不漁です。
 あまり向いていないのかもしれませんね。

6月24日。
晴れ。朝に稽古場に出席。
今日までの試合後に形を見せる。
福岡氏が来る。山崎氏宅が赤飯を炊いて三郎に持ってきた。
堀池氏に長々とお世話になったお礼として、
象牙の箸を差し上げた。夜に帰宅。

6月25日。
晴れ。早朝、忠助桑名まで遣わす。

唐突ですが、日記はここで終了。
伊庭はその後、無事帰還しました。
日記には何気ない江戸時代の様子が記され、
後に鬼神の様な活躍を見せる伊庭も、
この当時は普通の青年として、京、大坂見物を楽しんだり、
人々とのふれあいを綴っています。

以上、伊庭八郎の征西日記でした。

////////////⑬

■関連記事■
三重県亀山市 伊勢亀山城跡
 伊庭は伊勢亀山藩の剣術師範山崎雪柳軒を訪ねています。
試撃行日譜①//////
 高杉晋作が萩に帰るついでに遊学した行程。
松陰の九州遊学①////////
 松陰は平戸の葉山左内に教えを請う為、九州を遊旅しています。
白石正一郎のお伊勢参り①/////////
 白石正一郎のお伊勢参りの行程。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。