下関市一の宮 住吉神社

実は、下関市には国宝建築物が二つあります。

京都や奈良ならいっぱいあるでしょうが、
本州の端っこの辺鄙な市に、国宝建築物が二つもあるってすごいですよね。
下関市民も知らない人たくさんいます。
一つは高杉晋作が挙兵した舞台である功山寺の仏殿です。これは有名ですね。

下関に帰ってきての初詣(益田で神社行ってるから初詣ではないが・・)。
住吉神社に行きました。


住吉神社」。
住吉神社は全国に約600社あるそうですが、
下関の住吉神社は大阪の住吉大社、博多の住吉神社と並んで、
三大住吉と呼ばれています。

住吉神社は、住吉三神(表筒男命・中筒男命・底筒男命)を祀る神社ですが、
大阪の住吉大社が、和魂(人に幸を与え、収穫をもたらす魂)を祀るのに対し、
下関の住吉神社は、荒魂(天変地異や病、争いを引き起こす魂)を祀っています。
荒魂って・・恐ろしいなぁ。

普通の日には行ったことありましたが、初詣は初めて。
元旦ではないのにすごい人です。さすが三大住吉ですね。


拝殿には「住吉荒魂本宮」と書かれています。


よく見ると「有栖川宮一品熾仁親王」と書かれています。
有栖川宮熾仁親王といえば、明治政府の初代総裁であり、
戊辰戦争の東征大総督でもありますね。

さて、この拝殿のすぐ裏が本殿です。


これが国宝!国の宝でございます。

皆さん世界遺産!世界遺産!って騒いでますが、
僕は世界遺産より国宝のほうが興味あります。
いや、たしかに世界遺産もすごいとは思います。
でも国宝ってなんだかもっと細かくて、
深~い価値があるような雰囲気ありませんか?
なにも下関にあるからってわけではないですケド。

みなさんの地域にも国宝あると思いますが、
興味持って見に行ってみるのも一興ですよ~。

■関連記事■
群馬県富岡市 富岡製糸場
 世界遺産及びその一部が国宝となっています。
兵庫県姫路市 姫路城
  世界遺産及び天守は国宝となっています。
下関市長府 紅葉の功山寺
 仏殿は下関市にあるもう一つの国宝建築物。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。