弥千代姫のラブストーリー

昔は恋愛結婚なんてないわけですから、
結婚して初めて会うってのが普通でした。

今の人達からすると信じられないでしょうけど、
初対面でいきなり夫婦になる訳です。
そんなのが一昔前まで当たり前だったんですね。

そんなのうまくいくはずがないじゃん!と思いますが、
それで意外と仲が良かったりする。
もちろん会ってすぐに愛し合えるわけではありませんが、
それぞれがお互いを生涯の伴侶をいう心持ちで接し、
少しずつ愛を育んでいったのではないでしょうか?

14代将軍徳川家茂和宮の仲も良好だったそうですし、
諸大名も正室と良好な関係だった例も数多い。
夫婦で自刃した土佐新田藩主山内豊福の妻典子が、
実家に送った遺書には、子供の養育を嘆願している他、
夫と仲むつまじい様子も書かれていて涙を誘います。

とはいえ、大名達の結婚なんて政略結婚なわけですから、
くっつけられるのも自由が効かないなら、
引き離されるのも当人らの自由にはならない。

高松藩11代藩主松平頼聰の正室弥千代は、
彦根藩主で大老の井伊直弼の次女。
先代の10代高松藩主松平頼胤は井伊と親しく、
条約調印問題将軍継嗣問題では井伊に味方し、
本家である水戸藩徳川斉昭と反対の立場をとります。
井伊は盟友の絆をより深くするため縁談を持ちかけ、
井伊の次女弥千代と頼胤の養嫡子頼聰の婚姻が成立。
譜代筆頭と親藩(水戸連枝)の婚礼は華やかなもので、
その婚礼道具112棹にも及んだそうです。

しかし翌年に井伊は桜田門外の変で殺害され、
頼胤も蟄居処分となったため、頼聰が11代藩主に就任。
その頃の夫婦仲が云々という文献はありませんので、
2人の関係はどうだったかわかりません。
ですが、弥千代の実父が殺されたわけですから、
悲しみに暮れていたと思われます。
しかも父を殺した水戸藩は、高松藩の宗家にあたり、
穏やかではなかったかもしれませんね。
そんな悲しみもさめやらぬ文久3年、
弥千代は離縁されて彦根に帰されます。
父井伊直弼の死による政変で、高松藩も情勢に従うを得ず、
彦根藩との縁を切る事を、
カタチとして示さねばならなかったからでした。

弥千代はその後も嫁ぐことは無く維新を迎えます。
彦根藩は譜代筆頭ながら幕府への不満からか、
いち早く新政府に恭順し、
戊辰の戦功によって賞典禄2万石を拝領しました。
一方、高松藩は鳥羽伏見で旧幕府軍として戦い、
朝敵となってしまい頼聰は官位を剥奪。
責任者2人の切腹と頼聰の謹慎、
高松城の開城によって許されています。

維新後の明治5年。
有栖川宮熾仁親王の仲介によって、
頼聰と弥千代の復縁が実現されます。
熾仁親王の妹宜子は弥千代の妹で、
井伊家当主井伊直憲の正室でした。
また熾仁親王の大叔母は、
徳川斉昭の正室吉子(徳川慶喜の母)であり、
井伊家と水戸徳川家の両方に縁があったために、
この話が持ち上がったのでしょう。

一度結婚してお互いの事は知った仲ですので、
復縁を了承したのは最低でも嫌では無かったはず。
それぞれ華族でしたから縁がないわけでもないでしょう。
それでも元の鞘の収まる決心をしたのには、
外部からの説得だけではなかったと思われます。
弥千代は復縁の際に於千代と名を改め、
後に千代子と改名しています。

復縁後の於千代子宝に恵まれ、5男2女を産みました。
頼聰が70歳で死去するまで仲良く暮らしたとされ、
その縁で高松市彦根市姉妹城都市となっています。

ちなみに頼聰には義礼という次男(長男は早逝)がおり、
弥千代と離縁した後に誕生していますので、
妾か側室がいたものと思われます。
義礼の母を調べてもよくわかりませんので、
使用人など身分の低い者であったと思われますが、
後に尾張徳川家第18代当主となっていますので、
あながち低い身分とも断定はできませんね。
この妾の事は離縁後の話ですので、
幕末の恋物語に泥を塗る事でもないでしょう。

■関連記事■
長州毛利家と会津松平家は縁者であった
 長州毛利家から会津松平家に嫁いだ誠姫の話。
和宮親子内親王
 天皇家から将軍家に降嫁した和宮内親王。
岐阜県山県市 高富陣屋跡
 親戚の輿入れによって大名になったりする例のあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。