福井県敦賀市 敦賀陣屋跡

敦賀藩小浜藩の支藩で小浜藩2代酒井忠直の死後、
次男の酒井忠稠に1万石が分与されて始まりました。

敦賀といえば戦国大名朝倉義景の領地で、
豊臣時代には大谷吉継が治めていた地ですので、
江戸期も有力大名の治める藩と思われがちですが、
敦賀藩は1万石の小大名です。

というのも敦賀の殆どは宗家である小浜藩の領地で、
敦賀藩は敦賀郡の一部を領しているだけで、
現在の敦賀市街も小浜藩の所領でした。

しかしながら歴代藩主の殆どは幕政に参加し、
大番頭若年寄大坂勤番などの要職を務め、
支流とはいえ名門酒井家の面目を果たしています。
特に幕末の藩主酒井忠毗は、若年寄を3度も勤め、
その功績によって城主格大名に家格を上げました。


敦賀陣屋跡」。
敦賀陣屋は別名鞠山陣屋とも呼ばれており、
徳山陣屋飯野陣屋と共に三大陣屋に数えられました。
残念ながら遺構は全く無く、
しかも私有地なので入ることも出来ず。
昔は企業の保養施設が建てられていたようですが、
今は更地となっています。


鞠山神社」。
陣屋跡の南側にある神社。
敦賀藩は明治期に「鞠山藩」と改称しましたが、
明治3年に宗家の小浜藩に吸収合併されました。
その後の廃藩置県を経た明治38年に、
元藩士らが初代藩主酒井忠稠の二百回忌を記念して、
陣屋内にあった稲荷神社に忠稠を合祀。
社名を「鞠山神社」としました。

安政6年、ロシアの東シベリア総督ムラヴィヨフが、
軍艦7隻を率いて江戸湾の品川に来航。
樺太全土をロシア領と主張して威嚇した為、
港区の天徳寺でロシア側との会談が行われましたが、
当時の外国事務掛であった酒井忠毗と遠藤胤統が、
ロシア側の主張を退ける功績を挙げています。

その後もヒュースケン殺害事件生麦事件
下関戦争での賠償問題でも活躍し、
幕末期の幕府の対外交渉の一役を担いましたが、
幕勢の弱体化で立場が悪くなった為、
四男の酒井忠経に家督を譲って隠居しています。

代わって藩主となった忠経が若年であった為、
家老野口文太夫が藩政を専横していますが、
これをけしからんとする敦賀藩士5名は、
野口を京都で殺害しています。
その後5名のうち1人が病死し4人は小浜藩に自首。
強く自裁を望みましたが廃藩置県の為にうやむやとなり、
4人は来迎寺の門前で自刃して果てています。
※ちなみに来迎寺は天狗党の処刑が行われた場所。

敦賀藩は忠毗の隠居後に佐幕を捨てて新政府に恭順。
宗家の小浜藩と共に北陸道鎮撫使に参加しました。

【敦賀藩→鞠山藩】
藩庁:敦賀陣屋
藩主家:忠稠流酒井雅楽頭家
分類:1万石、譜代大名(小浜藩支藩、定府大名)

■関連記事■
福井県小浜市 小浜城跡
 宗家の小浜藩酒井家の居城跡。
福井県敦賀市 幕府による天狗党の処罰地
 敦賀は天狗党の最後の地でもあります。
福井県小浜市 梅田雲浜関連史跡
 小浜藩士梅田雲浜の関連史跡。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。