島根県益田市 染羽天石勝神社(米原恭庵頌徳碑)

年末年始は嫁さんの実家島根県益田市で過ごします。
本来僕は長男ですので、
自分の実家で過ごすのが道理なのでしょうが、
嫁さんの実家には男兄弟がおらず、
正月は他の姉妹が帰って来ないので、
寂しい正月を迎えさせるのは忍びないと、
ウチの家族がお邪魔するわけです。

そんなわけで益田市にちょくちょく行くわけですが、
やはり益田市といえば石州戦争の舞台となった場所で、
史跡も滞在中に少しずつ訪問しています。
島根県益田市 扇原関所跡
島根県益田市 万福寺・医光寺
島根県益田市 妙義寺~乃木三蔵之墓
どれも結構古い記事ですね。

今回は日本で牛痘接種が伝わってから、
全国に先駆けて実施した米原恭庵の碑があるというので、
染羽天石勝神社に行ってみました。


染羽天石勝神社」。
戦場となった医光寺萬福寺に程近い場所。
七尾学園益田東高等学校の裏手にあります。


神楽殿」。
石見は神楽が盛んな土地で、
神社には大体神楽殿があります。
とはいえこれは相当年季の入ったもので、
1586年建立という貴重な建築物。


拝殿」及び「本殿」。
本殿は国指定重要文化財です。
提灯に描かれているように、神紋は「葵紋」。
染羽天石勝神社は、徳川将軍家御朱印地を持った神社で、
将軍家からの庇護を受けていたようです。

染羽天石勝神社は、東側の注連岩を崇拝したが起源で、
725年に天石勝命を祭神とする瀧蔵権現として創建。
その後、別当寺として勝達寺が建立され、
この地を支配していた益田氏の庇護を受けて発展しました。
明治に入って廃仏毀釈に伴い勝達寺は廃寺となり、
神社も名を染羽天石勝神社と改めました。
※勝達寺は石州戦争で福山藩兵の陣営となった場所。


米原恭庵頌徳碑」及び「種痘記念碑」。
境内社に至る石段の前に建てられています。
米原恭庵は17歳で江戸に遊学し、
西洋医学及び牛痘種法などを修学。
21歳で高角村(現高津町)で痘瘡が流行したため、
私財を投じて500余名の地元民に牛痘を施します。
モーニッケが日本初の牛痘接種を施した2ヶ月後という。

現在、新薬の開発には最低10年掛かると云われます。
治療法の無い病気は沢山ありますし、
その治療法を待ち焦がれている患者さんも沢山いる。
もちろん安全面ということもあるのでしょうが、
間に合わなくて亡くなる人もいることでしょう。
新薬や治療法の普及には最速の早さで行って貰いたい。

そう考えると、僅か2ヶ月後に山陰の片田舎で、
牛痘接種を行ったのは驚異的。
電車もインターネットも無い江戸時代にですよ。

こういうのは並の人物ではできない事でしょう。
もちろん技術もそうですが、
民に新しい治療法を試させることも、
そんなに簡単な事ではなかったはず。
この頌徳碑右側後方の長細い石碑が「種痘記念碑」で、
米原恭庵自らが、自分の業績を称えるために建立したという。
う~ん。なるほどね。
並の人物ではなかったというわけです(笑)。
※頌徳碑の方を建立したのは、益田医師会です。

■関連記事■
佐賀県神埼市 伊東玄朴旧宅
 牛痘の普及に貢献した伊東玄朴の旧宅。
大阪府大阪市 適塾と除痘館
 緒方洪庵は天然痘の予防所として除痘館を開きました。
福岡県朝倉市 秋月陣屋跡
 天然痘予防の先駆者緒方春朔の碑があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。