桃の節句

日本人形協会雛人形のおさがりNGとしたマンガを公開し、
それが賛否を巻き起こしているという。
SNSなどで批判的な意見があるようですね。

ウチではみよちゃん初節句の際に、
小さいながらもちゃんとした雛人形を買ってあげました。
男兄弟の僕には、桃の節句は給食で雛あられを食べる程度で、
そんなに関心は無かったのですが、
嫁さんが雛人形を買ってあげたいというものだから、
じゃあ買ってあげようと、雛人形売り場に足を運んだ次第。

でも、買ってあげて良かったと思っています。
自己満足ではなく、みよちゃんも自分の雛人形と認識しており、
飾られるのを喜んでいる様子。
お雛さまが自分で、お内裏さまがゆきちゃんだとか言ったり・・。

「おさがりNG」の件を言わせてもらえば、
そりゃ商売の為だと思いますよ。だって商売なんだから。
でもそれは悪い事じゃない。
人形を作って売る事を生業にした業界であって、
慈善事業ではないのだから、
少しでも売れるように宣伝しているだけ。
「おさがりNG」にすれば人形が売れるわけですから、
その方が良いに決まっています。

でもね。
おさがりを使って貰えればそりゃ嬉しいってのもわかるけど、
たとえば親が結婚式で着たウェディングドレスとか、
貰ったりしたら迷惑でしかないですよね。
時代遅れの巨大なパフスリーブのドレスなんで、
披露宴なんかで着たら笑われてしまう事でしょう。
雛人形に関していえば時代遅れとか無いので、
それには当てはまりませんが、
やはりその子の為の雛人形を買ってあげるのは良い事と思う。
親や祖父母がその子の健康と幸せを願って用意したもので、
その子だけの雛人形ですから。

小さい頃しか飾らないし、大きくなってからは邪魔なだけ。
人形だから捨てにくいし、処分に困るからおさがりで十分。

確かにね。

これは親がどうするかによると思います。
雛人形はその子が成人・結婚などで家から出て行っても、
そのまま実家に置いておくべきだと思う。
その子が持って行きたいというなら持って行かせれば良いが、
そんなに広くないであろう新居では邪魔でしょうし、
その雛人形があることによって娘とのは繋がる。
いつか両親が亡くなって遺品整理をした際、
その雛人形を見つけて亡き両親の愛に感謝する・・・。
そういうストーリーか良いと思う。

おさがりでも良いとは思います。
肝心なのはその子に対する愛情
どういう気持ちで買ってあげるかが重要ですし、
どういう気持ちでおさがりを渡すかが大事。
すみなすものは 心なりけり」という事です。


この写真の雛人形は長府毛利邸のものです。
今年も例年どおり
長府おさげもの ひなまつり
に行って来ました。
着物を着て写真が取れるようになっており、
みよちゃんはお雛さま気分で満更でもないようです。

■関連記事■
桃の節句
 一歳のみよちゃん。
長府おさげものひなまつり
 これだけ大きな雛飾りは自宅では無理ですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。