宮崎県日南市 飫肥城跡

日向伊東家島津家と争いながら版図を広げ、
戦国時代の11代当主伊東義祐の頃には、
佐土原城を中心に48の支城を擁し、
日向国に君臨していました。

島津家とは一進一退の抗争を繰り広げ、
飫肥の役と呼ばれる80年以上の争いを経て、
伊東家は日向国のほぼ全土を掌握し、
その最盛期を迎えます。

しかし木崎原の戦いで大軍を誇る伊東勢は、
島津義弘の計略により1/10の島津勢に敗れ、
伊東家の主だった武将の多くが討死してしまい、
次第に勢力は衰退してゆきました。

支城は次々と攻略され、寝返りも相次ぎ、
伊東家は本拠の佐土原城を捨てて北上。
※豊後落ち。
縁戚関係にあった大友宗麟を頼り、
大友勢の大軍を持って日向に侵攻しますが、
耳川の戦いで島津勢に敗れて、
大友家も同じく多くの将兵を失い、
大友家衰退の要因となっています。

12代当主伊東祐兵は伊予に渡り、
河野家の庇護を経て羽柴秀吉に仕官。
山崎の戦い等で活躍し、
九州征伐では先導役を務めて功績を挙げ、
旧領であった飫肥を取り戻しました。

関ヶ原の戦いでは西軍に属していましたが、
黒田如水のとりなしで東軍となり、
宮崎城を攻略するなどの功績を挙げて、
所領を安堵されるに至り飫肥藩を立藩、
江戸時代を通じて伊東家が支配しています。


大手門」。
昭和53年に復元された櫓門。
復元には樹齢100年以上の飫肥杉が、
4本も使用されたという。


大手枡形」。
大手門をくぐると巨大な枡形になっています。
土塀には全て鉄砲狭間が付いており、
枡形に入った敵軍を一網打尽にする構造。

枡形を過ぎて左手へ進みます。

しあわせの杉(本丸西側虎口)」。
登城路先の枡形に立つ4本の杉。
この中心がパワースポットとなっている様です。

パワースポットでパワーを貰って本丸へ。

飫肥城歴史資料館」。
本丸南西端にある資料館。
飫肥藩ゆかりの歴史的資料220点を、
展示しています。


本丸跡(飫肥小学校)」。
政庁および藩主住居の本丸御殿のあった場所は、
現在は日南市立飫肥小学校となっています。


飫肥城の鐘」。
飫肥小学校の敷地内にある鐘堂。
張出構造になっている箇所に建てられています。
軍用又は民間時報に使用されますが、
鐘は昭和18年に金属供出で失われ、
現在の鐘は昭和36年に再造されたもの。
再建は良いのですが「飫肥城の鐘」と刻まれ、
残念な感じになっています(笑)。


松尾の丸」。
本丸西側にある小高い丘陵が松尾ノ丸跡で、
書院造の御殿が復元されています。
本丸跡が小学校となっている為、
松尾ノ丸跡に藩主御殿を復元したとの事。


旧本丸へ。
飫肥城は伊東家が何度も攻めて落とした城。
本来は戦闘要塞として大小13の郭があり、
元禄6年に新しく本丸が完成するまで、
旧本丸に藩主御殿がありました。


旧本丸跡」。
寛文6年、延宝8年、貞享元年と、
3度の地震で地割れが発生。
これが新しく本丸を造る要因となりました。
以後は使われる事はなくなって、
100年を超える飫肥杉が自生するに至ります。


旧本丸北門」。
旧本丸北側にある薬医門
復元と思われますが、
説明板などが無いので詳細は不明。

幕末の藩主13代伊東祐相は、
儒学者稲津済を登用して兵制改革を進め、
護国隊殉国隊神変隊郷勇隊の諸隊を編成。
ミニエー銃等の洋式銃を購入し、
洋式の練兵も行っています。
また儒学者安井息軒は飫肥藩の出身で、
藩政にも関与していましたが、
藩内保守派の妨害のより失脚。
江戸で三計塾を開いて多くの逸材を育てました。
藩内には守旧派、保守派も多く、
藩論が纏まらず藩の行動は控えられますが、
平部嶠南長倉訒小倉処平兄弟等の人材を輩出。
ポーツマス条約に調印した外務大臣小村寿太郎も、
この飫肥藩の出身です。

暗殺された坂本龍馬中岡慎太郎の仇を討つ為、
海援隊陸援隊は紀州藩士三浦休太郎を襲撃。
その日飫肥藩士長倉訒平与市は、
三浦の酒宴に参加していますが、
彼らからすれば全く関係の無い仇討ちです。
2人は斎藤一大石鍬次郎らの活躍で無傷。
あまり語られていない話ですね。

西南戦争では旧飫肥藩士が西郷軍に参加。
飫肥隊は西郷軍の中でも勇猛を称えられ、
1000余名中200余名の戦死者を出し、
小倉処平など多くの逸材を失っています。

【飫肥藩】
藩庁:飫肥城
藩主家:日向伊東家
分類:5万1000石、外様大名

■関連記事■
鹿児島県鹿児島市 鶴丸城跡(再訪)
 伊東家と覇権を争った薩摩島津家の居城跡。
宮崎県宮崎市 佐土原城跡
 本来の伊東家の本拠地。
宮崎県日南市 五百祀神社(飫肥藩伊東家墓所)と招魂社
 飫肥藩伊東家墓所と飫肥隊士らの墓。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です