宮崎県宮崎市 佐土原城跡

佐土原藩薩摩藩の支藩として知られますが、
藩主家である佐土原藩島津家は、
薩摩藩島津家一門の垂水島津家の傍流で、
薩摩藩からは一門家傍流という支藩の扱いですが、
正確には幕府から直接領地を与えられた独立藩でした。

これは少々ややこしい話になりますが、
関ヶ原島津の退き口」で戦死した島津豊久の領地が、
一旦幕府の直轄地となった後に、
幕府より島津一門の島津以久に与えられ、
元々以久が領していた垂水の領地は、
以久の嫡男島津彰久の子島津久信(嫡流)が継ぎ、
佐土原藩は三男の島津忠興(庶流)が継ぎます。
つまり嫡流(長男)が薩摩藩一門家老家垂水島津家となり、
庶流(三男)が佐土原藩主家となったワケですね。

以久に与えられる以前の佐土原は、
宗家当主島津貴久の末子である島津家久の領地でした。
家久は戦上手として知られ、沖田畷の戦い龍造寺隆信を、
戸次川の戦い長宗我部信親十河存保を討ち取るなど、
一部では戦国最強とも称された武将でしたが、
病気で急死してしまい、跡は豊久が継いでいます。

この豊久も美男子でありながら、
初陣で首級を挙げた知略と武勇に優れた人物で、
文禄・慶長の役でも目覚しい活躍を見せました。
「島津の退き口」では殿を務め、
井伊直政松平忠吉を負傷させ、
本多忠勝を落馬させるといった活躍を見せ、
大将である島津義弘を無事に撤退させましたが、
自分は討死してしまいました。
※直政はこの時の傷が元で死去しています。
最近は漫画「ドリフターズ」の主人公として知られ、
知名度も段々と高くなっていますが、
佐土原藩島津家は豊久の系譜ではありません。
佐土原では、家久と豊久を「前島津」と呼んで、
藩主家である以久の系譜(後島津)と区別しています。


佐土原城二ノ丸跡」。
佐土原城は、二ノ丸跡が整備・復元されていますが、
その規模は陣屋程度のものです。
元々佐土原城は日向伊東家の居城で巨大な山城でしたが、
2代藩主島津忠興の時代に山頂の城郭は破棄され、
二ノ丸に御殿を建設して藩庁としています。


鶴松館(宮崎市佐土原歴史資料館)」。
入場は無料!内部は撮影禁止ですが、
佐土原人形や佐土原城の資料などが展示されています。

幕末の佐土原藩は、宗家の薩摩藩に従属しており、
薩英戦争の際には間に合わなかったながらも援軍を送り、
和睦交渉には、藩士樺山舎人能勢二郎左衛門が参加。
薩英両者が主張を譲らず、交渉が平行線を辿る中、
幕府と共に薩摩藩を説得して和睦を促し、
賠償金(幕府より借用)の支払いの際には、
薩摩藩が直接支払うと負けを認めた事になるので、
その支払いは幕府と佐土原藩が行っています。

薩摩藩邸焼討事件では、薩摩藩邸と共に藩邸を焼かれ、
戊辰戦争では458名が出兵するなど常に前線で活躍。
磐城戦争等で48名の戦死者を出しています。

また佐土原藩には、弓場組という政治結社が存在し、
藩政府の決定にも従わないほどの勢力を持っていました。
元々は武道奨励の為に藩が組織したもので、
若い藩士が武技を鍛えて敵対する他藩に備えていましたが、
彼らは次第に政治を議論するようになり、
江戸時代を通じて何件かの騒動を起こしています。
佐土原藩兵が勇猛であったのには、この弓場組の存在も大きく、
幕末期の尊攘運動統幕活動にも貢献しました。

しかし彼らは藩政府の悩みの種でもあり、
彼らの意向を無視しての政治は出来なかったという。
そこで藩は彼らの組織を一掃するために藩庁移転を計画。
明治政府の許可を得て、海沿いの広瀬への移転が決定され、
佐土原城を解体して、その資材が広瀬に運ばれ、
御殿の建設が開始されますが、
廃藩置県によって中止となり、佐土原藩は消滅しました。

西南戦争では、旧士族の多くが西郷軍に参加。
最後の藩主島津忠寛の三男島津啓次郎も参加し、
佐土原隊を率いて各地を転戦し、城山で戦死しています。

【佐土原藩】
藩庁:佐土原城
藩主家:以久流島津家
分類:5万石、外様大名

■関連記事■
宮崎県児湯郡高鍋町 高鍋城跡
 近隣の高鍋藩秋月家の居城跡。
宮崎県日南市 飫肥城跡
 近隣の飫肥藩伊東家の居城跡。佐土原城はかつての伊東家本拠。
鹿児島県鹿児島市 鶴丸城跡(再訪)
 薩摩藩島津宗家の居城跡。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。