宮崎県児湯郡高鍋町 高鍋城跡

宮城県に日帰りで出張。
片道4.5時間というのようなスケジュールですが、
急遽起こった不具合の調査なので仕方無い。
夜暗いうちから出て、昼に到着するといった感じになり、
その機械の不具合を調査してトンボ帰りです。
調査が思ってたより早く終わったので、
近くにあった高鍋城跡に行ってから帰りました。

高鍋城は高鍋藩の藩庁ですが、
平安時代より築かれていたという古い城で、
はじめ財部城と呼ばれていました。
財部城は日向の豪族土持家の城でしたが、
戦国時代の当主土持景綱伊東祐堯に敗北し、
財部城など周辺の城が伊東家のものとなり、
以後は伊東家家臣落合家が城主に任命されています。

しかし、その後の当主落合兼朝が、
一門の伊東帰雲斎に嫡男を殺されるという事件が発生。
その恨みから島津家との戦いで伊東家が没落すると、
兼朝は島津家に寝返りました。

その後、島津家家臣川上忠智が城主となりますが、
豊臣秀吉九州侵攻によって島津家が降伏すると、
秋月城主であった秋月種実が財部に移封。
種実は櫛間城を本拠としますが、
関ヶ原の戦いの後に、次代で初代藩主秋月種長が、
財部城に本拠を移して改修工事が行われ、
3代秋月種信により、高鍋城に改称されました。


舞鶴公園」。
現在の高鍋城は舞鶴公園として整備されています。
高鍋城は別名舞鶴城と呼ばれていたようですが、
同じく舞鶴城と別称した城は福岡城唐津城
田辺城などがありました。
どれも舞鶴公園として整備されています。
鶴が舞う様子に例えたくなるような、
美しい城だったのでしょう。


岩坂門跡」。
岩坂門は高鍋城の大手門だった門で、
石段と脇の石垣の様子から、
立派な門があった事が想像できます。


舞鶴神社」。
石段を登ると二ノ丸跡。
その二ノ丸跡には舞鶴神社が鎮座しています。
かつて高鍋城周辺には、6つの神社が祀られており、
転封の際に秋月より移鎮させた八幡宮
秋月家の旧領太宰府より勧請した菅原神
秋月の白髪嶽より移鎮させた白山権現
八幡宮の摂社であった熊野三神
同じく八幡宮の摂社であった闇淤加美神
財部の旧領主財部(土持)貞綱を祀る財部神社
これらが廃藩置県の際に合祀されて、
さらに藩主家である秋月家歴代藩主も、
合祀されて創建されています。


高鍋のクス」。
二ノ丸にある大クスで、樹齢は500年とのこと。
500年前ということは、戦国~江戸時代ですね。
高鍋藩の藩政を見てきた木ということになります。
昭和20年の台風によって幹や枝が破損してしまい、
ワイヤーで固定されていました。


二ノ丸より石段を登って本丸へ。


殉難招魂之碑」。
石段を登った先にある碑。
高鍋藩は戊辰戦争で11名の戦死者を出しており、
この碑はその十一勇士を招魂したもの。

さらに登って本丸へ。

高鍋城本丸政庁」。
この広い敷地の曲輪に、
政庁藩主御殿が建てられていたようです。


丁丑戦亡記念碑」。
明治10年に西南戦争が勃発すると、
高鍋の旧士族は西郷軍に参戦するか否かで分かれましたが、
郷土の孤立を恐れて西郷軍に参加しました。
反対派の元高鍋藩士城竹窓は、
参戦派の追求で苦境に陥っていたが、
西郷軍の敗北によって西南戦争が終わり、
碑文を請われた際に心境を綴っています。
・・二派に分かれたとはいうものの、
 その目指すところは同じ正義であり、
 もしあの世で一同が会い、

 胸の内を開いて打ち解けて語り合えば、
 全て高笑いで済ますことであろう・・
」と。
この碑は西郷軍に加わった78名の戦死者を慰霊したもの。


高鍋護国神社」。
本丸南側の一段高い場所には、
国難者を祀る護国神社があります。
ここは奥御殿が建てられていた場所。


高鍋護国神社社殿」。
戊辰で戦死した高鍋隊隊長鈴木来助以下11名を、
招魂する為に創建された神社で、
以後は大東亜戦争までの戦死者が合祀されました。

本丸跡よりさらに登ると、財部城時代の山城
もちろん高鍋城時代もあったのでしょうが、
ほとんど使われていなかったんじゃないかと思います。

高石垣」。
8mの高さがあるようです。
この上に三層櫓が建てられていたらしい。


山頂部。
財部城時代の本丸か?なんにもありませんでした。

高鍋藩といえば、JFKも尊敬していた上杉鷹山の実家。
鷹山は高鍋藩6代藩主秋月種美の次男で、
実母の祖母が米沢藩主の娘であった縁もあり、
米沢藩8代藩主上杉重定の養嫡子となりました。
米沢藩の9代藩主となると、
財政難に喘ぐ藩財政の建て直しを図り、
飢饉対策を行って天明の大飢饉から領民を守り、
隠居後も藩政を実質指導して財政難を克服。
米沢藩では鷹山を中興の祖と呼び、
今も尊敬されています。

この鷹山の兄である高鍋藩7代藩主秋月種茂も、
弟と同じく名君であったようで、藩政改革を行い、
藩校明倫堂を創建して人材育成を行っています。

9代高鍋藩主秋月種任の三男秋月種樹は英明で知られ、
小笠原長行本多正訥と並び学問界の三公子と称され、
部屋住みのまま学問所奉行に抜擢されました。
兄で10代藩主秋月種殷の養嫡子となった後は、
若年寄格となり、学問所奉行解任後は、
将軍徳川家茂侍読となっています。

長州征伐に幕府が失敗すると幕府を見限り、
若年寄に任命されるが病を理由に応じず、
薩摩藩翔凰丸に乗って脱出。
幕府海軍の砲撃を受けて損傷を受けますが、
なんとか兵庫までたどり着きました。
※江戸の擾乱工作をしていた相楽総三らも乗船。
大政奉還が成った後、種樹は戻って江戸城に出仕し、
改めて若年寄を辞意して認められています。

高鍋藩では新政府に恭順して、藩兵を戊辰戦争に送り、
隊長の鈴木来助が戦死するなど勇敢に戦い、
11名の戦死者を出しています。
米沢藩に降伏を促したのは、親戚でもあった高鍋藩で、
列藩同盟盟主であった米沢藩が速やかに降伏したのには、
高鍋藩の働きが大きかったようです。

西南戦争では戊辰戦争時の総指揮でもあった武藤東四郎や、
元藩士の柿原宗敬ら参戦派が高鍋隊を結成。
反対派を蔵に閉じ込めて、川尻の西郷軍と合流しました。
高鍋隊は田原坂後方の七本の守備を担当しますが、
着任早々官軍が七本に総攻撃を仕掛け、
高鍋隊は状況把握できぬまま応戦する事となって敗走。

また、旧高鍋藩の飛地福島でも旧藩士が福島隊を結成。
安政橋の警備を担当し、これに高鍋隊が合流しますが、
熊本城突囲隊に突破を許してしまいます。

その後も各地を転戦し、戦場が宮崎へと移ると、
高鍋隊は故郷の高鍋を守備。
政府軍は新撰旅団を含む大軍を持ってこれを攻め、
高鍋隊は壊滅しました。西郷軍の解兵後も、
高鍋隊士らの一部は西郷らと行動を共にし、
城山で戦死を遂げています。

【高鍋藩】
藩庁:高鍋城
藩主家:秋月家
分類:2万7000石、外様大名

■関連記事■
宮崎県宮崎市 佐土原城跡
 隣藩の佐土原藩島津家の居城跡。
宮崎県日南市 飫肥城跡
 近隣の飫肥藩伊東家の居城跡。
福岡県朝倉市 秋月陣屋跡
 高鍋藩秋月家のかつての居城跡。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。