京都府京都市 京都西町奉行所跡

江戸時代初期の京都とその周辺の行政は、
京都所司代京都郡代が行っていましたが、
※京都郡代は、後に京都代官となっています。
その職務が多忙となってきた為、
寛文8年に伏見奉行を含めた再編が成され、
所司代の下位機関として京都町奉行が置かれ、
市中と周辺天領、寺社領の行政、支配が行われます。

江戸町奉行大坂町奉行と同様に、
月番制で東西2ヶ所に奉行所が設置され、
西町奉行所東町奉行所の両町奉行所が、
1ヶ月ごとに訴訟などを受け付けました。


京都市立中京中学校」。
京都西町奉行所のあった場所は、
現在中京中学校の敷地となっています。
与力20騎と同心50人で運営されており、
その膨大な職務をこなす為に、
他の町奉行と同様に同心が目明し等を雇い、
犯罪の密告や探索を行わせました。


西町奉行所跡」碑。
中京中学校の西側千本通り沿いにあります。

京都西町奉行所は、
安政の大獄での弾圧を職務として行っており、
その報復として天誅が行われ、
奉行所雇いの目明し「猿の文吉」が襲われ、
指示を出していた島田左近も殺されました。

この事態に両町奉行所は、
大獄に関わった西町奉行所与力渡辺金三郎と、
同心上田助之丞、東町奉行所同心森孫六
大河原十蔵を江戸へ避難させますが、
4人は京都を出て石部宿に宿泊していたところを、
30人以上の集団に襲われて惨殺されてしまいます。

与力、同心の殺害は奉行所や、
その上位機関である所司代の権威失墜であり、
事態を重くみた幕府は、
京都守護職の設置を検討するに至りました。

■関連記事■
京都市伏見区 伏見奉行所跡
 伏見市街と管轄天領を支配した奉行所跡。
大阪市中央区 大坂東町奉行所跡
 東西あった大坂町奉行所のひとつ。
大阪市中央区 大坂西町奉行所跡
 東西あった大坂町奉行所のひとつ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。