神奈川県横浜市 六浦陣屋跡

金沢といえば加賀藩前田家のお膝元ですが、
武蔵国にも金沢という地名があり、
そこに藩庁を置く藩がありました。
※前田家は金沢藩というより、
 加賀藩という方が主流です。
同名の藩というのは結構あり、一般的な地名は、
かぶってしまう事があります。
※備中松山藩/伊予松山藩、
 三河吉田藩/伊予吉田藩など。

武蔵国の金沢藩は武州金沢藩と呼ばれ、
譜代大名の米倉家が代々治めていました。
藩庁は領地の中心地や要所に置かれるものですが、
武州金沢藩の場合、陣屋の周辺は領地ではありません。
こういう藩は非常に珍しいようで、
武州金沢藩以外に知りません。
※幕末以外の藩であったか無かったは調べてません。

元々米倉家は400~600石程度の旗本でしたが、
江戸前期の当主米倉昌尹の出世によって加増を繰り返し、
大名となって諸侯に列した家でした。
はじめ皆川に藩庁を置いて皆川藩を立藩させましたが、
3代米倉忠仰の時代に金沢に陣屋を移しています。

武昌金沢八景之図(一部)」。
金沢は鎌倉時代より景観の美しい場所として知られ、
その美しさを中華の瀟湘八景になぞらえて、
金沢八景と呼ばれました。
上記の絵図には陣屋の様子も描かれています。
米倉家が陣屋を移した理由は定かではありませんが、
案外この景観を望むためという理由かもしれません。

さて陣屋ですが、跡地は現在民家となっています。

陣屋の石段」。
金沢八景駅の裏手が陣屋のあった場所ですが、
跡碑も説明板もなく一帯が住宅となっています。
唯一藩政時代の石段が民家の門前に残されており、
そこに陣屋があった事実を残していました。

幕末の藩主は米倉昌言
日光奉行大坂加番等、譜代大名の職務をこなし、
小藩ながら長州征伐にも藩兵を派遣しています。
慶応3年に横須賀製鉄所警護を命じられますが、
鳥羽伏見の戦いで旧幕府軍が敗北し、
東征が開始されると新政府に恭順。
横浜港の警備や兵糧の提出を行いました。
明治2年の版籍奉還後は、
藩名を加賀金沢との混同を避ける為、
六浦藩と改称しています。

【六浦藩】
藩庁:六浦陣屋
藩主家:米倉家
分類:1万2000石、譜代大名

■関連記事■
石川県金沢市 金沢城①//
 こちらは加賀100万石前田家の居城跡。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。