福島県相馬市 相馬中村城跡②

つづき。
/②

本丸へと続く丸土張と呼ばれる馬出しへ。
二宮尊徳先生」像。
二宮尊徳小田原藩士で後に幕臣となっていますが、
報徳仕法と呼ばれる農村復興政策を指導しており、
天明及び天保の飢饉で困窮を極めた相馬中村藩は、
幕府の許可を得て報徳仕法を導入。
これにより相馬中村藩は財政再建に成功しています。


岩崎宗山先生碑」。
岩崎宗山は相馬の国学者のようですが、
詳しくはわかりません。


赤橋」。
丸土張と本丸をつなぐ橋。
いよいよ本丸跡です。


本丸跡」。
本丸には御殿の他に天守もあったようですが、
落雷で焼失して以後は、再建されていません。


相馬神社」。
藩主家の相馬家の始祖相馬師常を祀る神社で、
明治12年に建立されました。
師常は源頼朝の家臣であった千葉常胤の子で、
相馬御厨(現在の千葉県北部)を相続し、
相馬姓を名乗りました。

4代当主相馬胤村の死後、先妻の子相馬胤氏と、
後妻の子相馬師胤が家督を争って両者は分かれ、
胤氏の系譜が下総相馬家となり、
師胤の系譜が陸奥相馬家になっています。

戦国時代に入り、後北条家が台頭すると、
下総相馬家は後北条家の配下となりますが、
豊臣秀吉小田原征伐で後北条家が滅んだ事で改易。
後に徳川家に召し抱えられて、旗本として存続しました。

一方の陸奥相馬家は小田原征伐では、
豊臣方について本領を安堵。
関ケ原の戦いでは、中立ながら西軍寄りとみなされ、
一時的に改易となりますが、藩主自らの直訴により許され、
所領を安堵されています。

本丸を西側から降りて、西三ノ丸跡へ。

相馬中村神社」。
平将門が承平年間に下総国に建立した妙見社を、
陸奥に来た相馬家が各城に勧請したのが始まり。
相馬家が本拠を中村城に定めた際、
城内に妙見社の社殿を建立したのが起源。
本丸跡に相馬神社、西三ノ丸跡に相馬中村神社と、
非常にややこしいのですが、
こちらの神社の方が古いようです。

相馬中村神社を出て、南二ノ丸跡へ。
本丸鉢巻石垣及び内堀跡」。
本丸の崖は急斜面で、
中段より上に鉢巻石垣が一周しています。

相馬中村城を出て、城下の正西寺へ。
相馬中村城移築高麗門(正西寺山門)」。
相馬中村城より払い下げられた高麗門とのこと。
どこにあった門かよくわかりませんが、
数少ない相馬中村城の遺構となっています。

相馬中村藩は、奥羽列藩同盟に参加し、
平潟へ上陸した新政府軍と交戦しています。
藩兵が相馬中村城から出兵して磐城平城へ向かい、
二度の攻防戦に耐えますが、三度目に磐城平城は落城。
磐城平藩の指揮を取っていた安藤信正脱出後も、
磐城平藩兵と共に相馬中村藩兵の一部は城に残って、
なおも新政府軍の猛攻に絶えました。

しかし、休みなく攻め立てる新政府軍に為すすべなく、
磐城平藩家老上坂助太夫は城を枕に討死の覚悟を決め、
残っていた相馬中村藩兵を指揮する相馬胤眞に対し、
磐城平兵のみで守ると退却を促します。
これに胤眞は反対して一緒に退却するように説得。
城を捨てて全軍を引き上げることになりました。

脱出した城の守備兵は城外の同盟軍と合流し、
相馬中村藩領で体制を立て直すべく後退。
新政府軍も北上して相馬中村城を目指します。

広島藩兵を先鋒隊とした新政府軍に対し、
相馬中村藩は夜襲を仕掛けてこれを後退させますが、
広島藩兵は鳥取藩兵と共に巻き返しをはかり、
広野で激戦が開始されます。

始め優勢だった相馬中村藩兵ら同盟軍でしたが、
間もなく長州藩兵と岩国藩兵が到着して形勢は逆転。
同盟軍は総崩れとなり、胤眞は戦死してしまいます。

その後、相馬中村藩兵は浪江での激戦にも敗れ、
仙台藩米沢藩旧幕軍は中村を去り、
仙台藩は藩主相馬誠胤に対し、仙台に逃れるよう即します。

しかし、誠胤はこれを拒否して新政府軍に降伏し、
相馬中村藩の戊辰戦争は終わりました。

相馬中村藩は戊辰戦争を十分に戦ったといえます。
藩主誠胤が仙台行を拒んだのも、自らが人質とされ、
藩士らが最後まで戦わざるを得ない状況を見越し、
そうならないように拒んだとみられます。

さて、相馬市といえば「相馬野馬追」でしょう。
未だ僕は見た事がないのですが、いつか是非見てみたい。
見ていませんので、云々と述べる事は控えますが、
千年に渡り受け継がれてきた歴史と伝統の祭で、
相馬市が3日間だけ戦国時代に戻ります。

野生馬を放し敵兵に見立てた軍事訓練が始まりとされ、
神事である為、幕府からの取締からも除外され、
千年続いたということです。
相馬中村藩兵は戊辰戦争において寡兵ながら、
かなりの善戦をしたといえるでしょう。
この能馬追がそれに直接関わっているかは判りませんが、
敗れたとはいえ、相馬武士としての面目は、
十分に果たせたのではないでしょうか?

【相馬中村藩】
藩庁:相馬中村城
藩主家:陸奥相馬家
分類:6万石、外様大名

/②

■関連記事■
福島県双葉郡 二ッ沼古戦場
 磐城戦争最後の激戦地。
福島県いわき市 磐城平城跡
 隣藩の磐城平藩安藤家の居城跡。
宮城県仙台市 仙台城跡
 隣藩の仙台藩伊達家の居城跡。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。