沖縄県那覇市 首里城焼失

夜勤帰りにPCを開いて驚いた。
首里城が火災を起こし、正殿や北殿、南殿が全焼

失礼ながら僕は暑いところは苦手で、
泳ぐのも別に好きではない。
友達等が「沖縄行きたい!」と言っても、
そう?」といった感じたったのですが、
史跡訪問を始めてから、初めて沖縄に行きたいと思いました。

それが首里城の存在です。
琉球王国薩摩藩支配下の付属国にはなっていましたが、
維新後に琉球藩となり、国王尚泰は「藩主」ではなく、
藩王」という特殊な位を明治天皇より奉じられています。
その琉球王国及び琉球藩の政庁が首里城。
残念ながら当時の首里城は、沖縄戦で焼失しましたが、
戦後、琉球独特の宮殿建築で再建されていました。

まだ出火の原因は明らかではありませんが、
放火失火を問わず、人災であることは間違いない。
原因の究明再発防止を急いで欲しいものです。

あの独特な赤い城を訪問できる日を楽しみにしてたのですが、
それもまた、かなり遠ざかってしまいましたね。

■関連記事■
鹿児島県鹿児島市 鶴丸城跡(再訪)
 琉球王国は薩摩藩の付属国となっていました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。