下関市阿弥陀寺町 日清講和記念館

明治28年3月20日。
下関において日清戦争の講和会議が開催されました。
即に言う「下関条約」ですね。

日本側は全権弁理大臣として、
総理大臣の伊藤博文、外務大臣の陸奥宗光らが、
清国側は欽差頭等全権大臣として、
北洋大臣直隷総督の李鴻章らが出席しました。

割烹旅館「春帆楼」の敷地内に、日清講和記念館が設置されています。
春帆楼は、明治21年に伊藤に当時禁制のフグを振る舞い、
その味に感嘆した伊藤は、フグ食の解禁に助力したと云われます。
その後、春帆楼はふぐ料理公許第一号店となったようです。

記念館内は、当時の会議の様子が再現されています。
日本側は、始め強気に交渉を進めていましたが、
ある事件によって譲歩を余儀なくされます。
宿舎へ戻る途中、李鴻章が襲撃されて負傷したのです。
襲撃者は、自由党系の壮士小山豊太郎
このテロ事件によって、日本側は対清要求を譲歩。
李鴻章には、明治天皇ら多くの見舞いが寄せられました。
テロというのは、やった本人は良かれとおもってやるんでしょうが、
大体において大迷惑な結果を生むもんですよね。

記念館内は、その他講和会議で使用された調度品、
両国全権の伊藤博文や李鴻章の遺墨などを展示しています。

記念館の横には、伊藤と陸奥の胸像が並んで設置されています。

この春帆楼の日清講和記念館は、
安徳天皇を祀る「赤間神宮」のすぐ隣ですので、
下関観光コースに必ずといっていいほど入ってます。
この日も、観光ツアーの人達が多く見られ、
中国人らしい観光客もいましたが、どんな気持ちで観光しているのでしょうか?

■関連記事■
幕末下関のフグ事情
 下関のフグが特別な理由。
下関市中之町 引接寺~伊藤家・入江家墓所
 交渉期間中の李鴻章の宿所。
下関市阿弥陀寺町 真木菊四郎・白石正一郎の奥都城
  李鴻章道から行ける藤原義江記念館。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。